伊豆ツーリング

私が所属する例のクラブのツーリング。
今日は、台風が来てるにも関わらず、決行
いつもなら、延期になるところなのだが、今日は、メンバーの一人が円満退部するので
送別会ならぬ送別ツーリングだったのだ。

参加メンバーの車両は、CB1300SB、VFR750F、GPZ1100、FORESIGHT、Ninja1000、VFR1200F、BMW R100RS。
今回も私以外全員大型バイク

てか、中型バイクは当クラブでは少数派なので仕方ないけどね。


横浜新道戸塚PAに朝7時集合。
てか、相変わらず、このクラブの朝は早い。
横浜周辺在住で戸塚に7時じゃないよ。
全員、千葉県在住で、戸塚に7時だからね
朝の苦手な人には向かないクラブです。

全員揃ったところで、さあ出発…とならないのが、このクラブの恒例 ...( ̄ー ̄)ニヤリ
しばし、マッタリ。
集合時間は、あくまで集合時間であって、出発時間じゃないのだ。

暫くして、出発。
横浜新道から、国道1号へ。
そして、新湘南バイパスを通り、相模湾沿いの国道134号へ。
ここは、いつも日曜はバイクが多いね。
都心から一番近いシーサイドランが出来る道だからね。

西湘バイパスに入り、箱根新道へ。
ここは、以前通った時、料金所があって、脇にPAがあったのだが、全部撤去されていた。
看板には、『箱根新道は、恒久的に無料になりました』って書いてあった。
無料になったのはいいけど、PAは残そうよ

道の駅箱根峠で休憩。
DSCN7034_20120930215307.jpg
下に見えるは、芦ノ湖です。

去年6月、私が初めてこのクラブのツーリングに参加したのが、伊豆ツーリングで
今回と全く同じ集合時間&ルート。
この場所にも前回来た。
あの時は、酷い霧で何も見えなかったが、はれてるといい景色だね
DSCN7035_20120930215306.jpg

結構マッタリと休憩したのち、出発。
こっからは、尾根伝いの伊豆スカイラインへ。

伊豆スカイラインは、気になる車がいっぱい走ってて、見て楽しめるね。
対向車に、240Z、ハコスカ、230セド、トライアンフ、BMWイセッタなどを目撃。
スカイポート亀石で休憩。
DSCN7036_20120930215306.jpg
ここでは、雨が降ってきたが、まだ台風が来るには早いよな~。
普通の雨でした。
雨も止んだので、じゃあ出発しますか、と。

冷川ICで伊豆スカイラインを降り、県道12号へ。

当初の予定では、西伊豆の方へ行く筈だったが、台風接近中でなるべく早く帰れるようにと
東伊豆へ変更。
冷川峠を越え、伊東市へ。
峠越えの道は、路面がビチャビチャ。
結構降ったみたいだ。
もう止んでたけど。

伊東のふしみ食堂で昼飯。
ここは、ツーリングマップル関東版に載ってる店。
(P12-1-Kに載ってます)

DSCN7037_20120930215305.jpg
私が食べたのがコレ。
さしみ盛定食、1300円也。

海が目の前で、お刺身も超新鮮
んマかったです
DSCN7038_20120930215305.jpg

こんな小さな店です。

ここからはシーサイドラン♪
熱海ビーチライン、真鶴ブルーラインを通り、小田原へ。
しっかし、真鶴から小田原までは混んでたなぁ、渋滞。
西湘バイパスに入り、西湘PAで休憩。。。と思いきや、ここで解散。

つか、ここで休憩中、とうとう降り出しやがった。
風もだいぶ強くなって…台風来てますなぁ。

解散場所のここから、家まではまだ結構ありましてね。
雨風の強い中、何とか帰りつきましたよ。

今回は、台風の為、短縮ルートになった筈なのに、それでも400kmも走った。
じゃあ、予定通り行ってたら、何km走ったんだろσ(^―^;)

スポンサーサイト

北海道ツーリング 8日目 仙台~我孫子

9月6日木曜日 天気

いよいよ、最終日。
洋上で起床。
外は曇り。
船内の売店で、娘たちにお土産を買う。
配達で遠くに行くと、娘たちにご当地キティちゃんのキーホルダーを買っているのだ。
普通、お土産と言えばお菓子が定番だが、娘の友達の間では、ご当地キティちゃんを集めるのが流行っているらしい。
DSCN1161.jpg DSCN1162.jpg
船から見た、牡鹿半島 金華山。

DSCN1163.jpg
午前10時、仙台港入港。

DSCN1164.jpg DSCN1165.jpg
仙台港に停泊中の船。

下船直前の様子。
DSCN1166.jpg DSCN1167.jpg

下船。
DSCN1168.jpg

仙台港FT前にて。
DSCN1169.jpg

仙台からは海岸線の県道10号を走る予定。
この時間、R4に出たら、渋滞は必至なので


県道10号を南下していると、『この先、地域住民及び工事関係車両以外進入禁止』の看板が
やたら出て来る。
この一帯も津波で被害受けたエリアだからなぁ。
復興の邪魔になる通過だけの車は、通るなってことらしい。

復興の邪魔をするわけには行かないので、10号を反れて、R4へ行った。
案の定、R4は渋滞。
片側3車線の大きな道だが、大都会仙台なので交通量はかなりのモン。
(へ ̄|||| )ウーム・・・ すり抜けは嫌いなんだよな~。
でもすり抜けしないと先に進まないし。

多分、同じ船に乗っていたのであろう荷物満載の八王子ナンバーのバイク2台が同じ方向に走ってる。
何度も抜きつ抜かれつで進む。
彼らも、高速は使わず、下道派なのか?
つか、仙台で降りて関東目指すのって、私と同じくフェリー代ケチり派なのか?
普通は、関東帰る人は、大洗まで乗るからね。

帰りも3桁国道とか走って、景色を楽しもうと思っていたが、雲行きがかなり怪しいので
なるべく早く自宅に着きたいと思い、そのままR4を進む。
R4も郊外に出るとかなり流れが速くなり80km/h以上で流れてる。
高速並み

白石市に入る頃には、とうとう降り始めた。
カッパ着用。
道内でも何度かカッパ着たが、すぐ止むのが多かった。
しかし、今日のは本格的な雨。
ザァーザァー降り。
最後の最後でついて無いなぁ
結構な本降りの中、県境を越え、福島県に。
いつものパターンなら、県境で停まって、記念撮影なのだが、
このザァーザァー降りの中でカメラを出して撮る気にはなれないので通過。
って言うか、仙台港降りて、FT前で撮ったのを最後に全く撮らなかった。
最後まで雨に見舞われたから。

本降りの中、福島市街を通過。
雨降りは視界が悪くて、疲れるぅ~
このまま夜になったら、もっと見づらくなるから、何としても明るいウチに帰りたいな。

予定では、『No!高速』だったが、仕方が無い時間短縮の為、一部区間乗るか(; ̄_ ̄)=3
R4と高速がくっつく本宮ICから乗った。
安積PAで休憩。
昼ごはん。

再び、R4とくっつく矢板ICで降りた。
これでだいぶ時間短縮出来た筈。

矢板からは、R4→ R408と進む。
そろそろ給油したいなと思うが、シェルのスタンドが中々見つからない。
エネオスや出光はやたらとあるのだが。
まだ持つのでそのまま進む。
真岡からR294へ。
ま~だ、シェルのスタンドが現れない。
相変わらず、エネオスとかはあるのに

ヤバい燃料計の針がだいぶ下に来た。
こりゃ、シェル以外で入れるしかないかなぁ。
シェル以外で入れるとリッター5円引きが効かないんだよなぁ。

つか、シェル!なんでこの沿道には全く無いんだ!ヾ(*`Д´*)ノプンスコ!!
燃料入れたいと思ってからもう80kmも走ってきてるぞ。
この間、イッコもシェルが無いなんて!

水海道迄来て、いよいよ赤い目盛りの下まで来た。
こりゃ、いつガス欠してもおかしくないので、仕方なくエネオスに入った。
満タンは勿体無いので1Lだけ入れた。
1Lあれば、30kmは走れる。
守谷まで行けばシェルがあるのを知ってるので。

で、ここを出て1kmも行かないところにシェルがエェェΣ(・ω・ノ)ノェェエ
もっと早く教えろよぉ←どうやって (o゜ー゜o)??

満タンにしました。
┐(-。ー;)┌

辺りが薄暗くなり始める頃、自宅到着。
最後迄、雨降りでした



本日の走行距離:346km
使ったお金:昼食500円、娘への土産代1000円。
      ガソリン代1417円。
高速代:1600円。



【今回のまとめ】

フェリー代:23850円
ガソリン代:14141円
   食費:11449円
  宿泊費:8280円
  高速代:1600円
  その他:590円

   合計:59910円

1日辺りにすると、7489円。

走行距離は、2992km。
1日辺りの平均は、374kmでした。

北海道ツーリング 7日目 帯広~苫小牧

9月5日水曜日 天気 のち

さぁ、道内ツーリングもいよいよ最終日。
ツーリング自体は、まだ最終日じゃないですが。
今日は、苫小牧港から19時のフェリーに乗るので、17時くらいまでには苫小牧に行かないと。

最終日、どういう経路で、苫小牧まで行くかな~(´‐`)。оΟ 妄想中
真っ直ぐ向かったら、昼には着いてしまう。
富良野に寄ってみるか…。
でも、富良野も過去全部行ってるから、飽きたなぁ。
まだ行ってない場所もあるけどさ。

じゃあ、三国峠越えて、層雲峡の方回って、旭川から下ってくる?
それなら1日コースだよな。

しかし、朝から天気悪いんだよなぁ。
今にも降り出しそう。。。
雨の中、1日走るのも嫌だし。

前にも行ったけど、、えりもの方回って、苫小牧行くか。
ちょっと早いけど、13時くらいには着いちゃうかな。
午後、雨だって話だから、濡れながら走るより、FTでゆっくりするほうがいいよな。
そうしましょ

まだ皆さんが寝てる午前7時出発。
他のRHとかでもそうだったけど、結構皆さんゆっくり寝てるよね。
道内に居る時間が限られているので、私は明るくなったらすぐ行動したい。


DSCN1102.jpg
この日、RHに泊まった面々のバイク&チャリ。

DSCN1103.jpg
カブで、日本一周中らしい。
カブで道内走ってるライダーって結構居たなぁ。
ただ、対向バイクで来た時、地元カブかツーリングカブか、判断が難しくて、
地元カブに、 v(・∀・)yaeh!! しちゃうと、『何?』って顔をされちゃうんだよな。

DSCN1104.jpg
コチラは、50ccカブ。
上記のピンクナンバーカブより凄いと思う。


何度も行ってるが、すぐそばを通るので、幸福駅へ寄ってみた。
朝早いからなのか、駐車場には私だけ。
土産物屋もまだ開店準備中。
ま、何も買わないからいいけど。
DSCN1107.jpg DSCN1111.jpg DSCN1106.jpg


中札内村で国道を外れ、道道55号へ。
山麓線のような道道。
あ~~、降りそうだなぁ。
つうか、路面が微妙に濡れてるなぁ。
DSCN1115.jpg
大樹町から再び国道。
この辺まで来ると、もう降ってるよ。
非常に細かい霧雨が。
まだカッパは着ないで走る。

お腹も空いてるし、どっかセイコマに入りたい。
セイコマで食べたあとに、カッパ着よう。
しかし、中々セイコマが無い。
いつも、集落に入ると、必ずと言っていいほど、セイコマがあるのに。

そうこうしてるうちに段々雨の降りが…
まー、スクリーンがあるお陰で、雨があまり当たらないが。
広尾町の中心地に来て、ようやくセイコマ発見

やっと朝ごはん。
すっかりセイコマで買って食べるというパターンになってしまった。
もう結構降って来てる。
食べたら、カッパ着て出発

えりもに向かう有名な道路『黄金道路』に入る。
思いっきり海沿い。
雨降りなので景色はあまり良くない。
以前通った時はずっと海沿いだったが、内陸部をショートカットするトンネルが結構完成してる。
DSCN1116.jpg DSCN1117.jpg

こっち方面は元々バイクが少ないのか、雨だからみんな走ってないのか
中々バイクとスライドしない
やっとキタ━(・∀・)━!!
と思ったら、トンネルの中で、これじゃ v(・∀・)yaeh!! が見えないじゃん


過去にも来てるし、今更えりも岬に行っても何だかな~と思ったので、ショートカット路へ。
追分峠へ向けて上ってると、雨は止み、みるみる青空が
峠を越えると、もう快晴
さっきまでの天気が嘘のよう
カッパを脱いだ。

こっからは雲一つ無い快晴の下、走る。
さっきも太平洋沿いを走ったが、天気が雨と晴れじゃこんなに気分違うもんかね。
気分最高 \(^o^)/
DSCN1118.jpg DSCN1119.jpg DSCN1120.jpg



JR日高本線 様似駅に行ってみる。
ここは、好物の終着駅。
DSCN1121.jpg DSCN1123.jpg

DSCN1124.jpg
いいねぇ、行き止まりの線路。

スタンドで給油。
スタンドのおばちゃんに聞いたら、日高は朝から快晴なんだと。
雨が上がって、快晴になったんじゃなく、元からここは快晴で山を越えて
快晴エリアに入ったらしい。


このまま海沿いの国道を走るのもつまらないので、並走する道道へ。
まぁ、並走すると言っても、5kmほど内陸部に入りますが。
こちらは、牧場が点在してる。
DSCN1128.jpg DSCN1129.jpg
それも今まで道内各地で見た牛の牧場じゃなく、馬の牧場。
DSCN1125.jpg

DSCN1126.jpg
競走馬輸送中ってトラックにも何度も出会った。

道道1025号を走る。
さすがにここは地元車しか走ってない。
バイクは居ない。

三石で海岸線の国道に戻る。
新冠の道の駅「サラブレッドロード新冠」で休憩。
ここで、私の好きな無糖ミルク入缶コーヒーを発見 (;゜∀゜)=3 ハフンハフン
24155514_1762996176_76large.jpg
まだあったんだぁ~、コレ
結構前に自販機から姿を消していたからもう廃番だと思っていた。

しかし…。
ゴミ箱が無いではないかΣ( ̄口 ̄||)
何かゴミゼロ運動とか書いた看板があって『ゴミの持ち帰りにご協力下さい』って

ぇ━(*´・д・)━!!! 
車なら車内に空き缶置いとけるけど、バイクじゃ置くとこ無いんですけど。
キレイに飲みきったけど、傾けて中のしずくが出てきたら嫌だから、上向きになるようにリアの荷物の所にくくりつけた。
はぁ~面倒(; ̄_ ̄)=3

ちょい先のサラブレッド銀座PAへ。
DSCN1131.jpg DSCN1132.jpg DSCN1134.jpg
この辺、馬牧場がずっと続く。

富川のセイコマで昼ごはん。
DSCN1141.jpg

その先、北海道競馬門別競馬場 ってのがあって、競馬やらないから
ここがどのくらい有名なのか知らんけど、聞いたことあったので、撮影。
DSCN1142.jpg DSCN1143.jpg
 

ここら辺からは、日高自動車道という、高速無料区間が並走してるが、高速走ってもつまらんのでそのまま国道を進む。
あちこち寄り道したけどそれでも15時、苫小牧市内に入った。
DSCN1145.jpg
最後にセイコマで買い込み。
今日の夕食分と明日の朝ごはん分。
そしてFTへ。

DSCN1146.jpg DSCN1147.jpg
大洗行き、仙台行き、どちらの二輪待機場にもバイクが一台も居ない。
一番乗りですか、私。


待ってる間に次々バイクが。
DSCN1149.jpg DSCN1151.jpg DSCN1152.jpg
一部のライダーさんとお話。

そこへ、んん?見覚えのあるバイクが2台。
黒と青のニンジャ
どっかで見たぞこの2台。
並みの脳みそをフル回転させて思い出す
一台は、習志野ナンバー…。
ああー分かった
宗谷岬で出る時入って来たバイクだ。

前回、話をしてないが、すぐ話しかけに行った。
1時間ほど3人で会話。
今、会ったばかりの人とフレンドリーに話せるのも北海道ツーリングならではなんだよね~。

大洗行きの方が先に乗船開始。
大洗行きのバイクが行ったあと、慌ててやってくる大洗行きのバイクが数台。
その中の1台にこれまた見覚えのあるバイクが。
125ccのアメリカン?
あーー
ホテル サン・アバシリで一緒だった人だ
知床峠で会って、また会いましたね~。

この広い北海道で、結構2度3度会う人って多いんですよね~。

17時半、こちらも乗船開始。
いよいよ北海道とBYEBYE
DSCN1153.jpg

DSCN1155.jpg DSCN1158.jpg DSCN1159.jpg


DSCN1154.jpg
こちらが今日の寝床。

B寝台。
雑魚寝の2等より2千円ほど高いが、ゆっくり寝たかったので。
時間も長いし。
19時出航で、10時着だから。




本日の走行距離:297km
使ったお金:朝食300円、昼食216円。夕食及び明日の朝食798円、その他120円。
        ガソリン代847円、668円。
フェリー代:14400円(Web割)。

北海道ツーリング 6日目 霧多布~帯広

9月4日火曜日 天気 霧

昨晩からの霧は、結局出発する朝になっても変わらず。
本当に霧が多いところなんですね~。
海がすぐそこなのに、全く見えない。


DSCN1039.jpg
深夜3時のきりたっぷ岬キャンプ場の様子。

朝7時頃、キャンプ場出発。
霧の中を進む。
セイコマで朝ご飯。
   ↑
と言っても、中に食べる施設は無いので外で段差に腰掛けてパンをかじる。

道道808号へ。
霧多布湿原の真ん中を抜ける…が、相変わらずの霧で何も見えない
四番沢PAの展望台に上がるが、やっぱりな~んも見えない(; ̄_ ̄)=3
DSCN1042.jpg


DSCN1043.jpg
茶内駅でいつもの駅撮影。
この街って原作者のモンキーパンチの出身地らしい。

だからなのか?
昨日、落石駅で見た列車、ルパン3世の絵が書いてあったもんな。

さて、この果てしなく真っ直ぐの道は、茶内の駅前通りσ(^―^;)
DSCN1044.jpg


道道807号→ 813号と進む。
だいぶ内陸部になったが、ま~だ霧が深い。
DSCN1046.jpg DSCN1048.jpg
車が殆ど通らない道道を走る。
晴れてれば景色いいんだろうなぁ~(´‐`)。оΟ 妄想中
DSCN1045.jpg
厚岸町
DSCN1047.jpg
標茶町

R272に出る。
国道になったのでやっと車が増えてきた。
釧路町でR44へ。
ここまで来るとだいぶ交通量も増え、対向バイクも。

v(・∀・)yaeh!!

やっぱコレやらんとね~。

釧路市内のシェルで給油。
ようやく霧は晴れたが、曇り
釧路市内を抜け、太平洋に沿って、R38を西へ。
DSCN1056.jpg
恋問の道の駅で休憩。
DSCN1057.jpg
 ↑
これ撮った時なんだけどね、最初誰も居なかったから、三脚立ててセッティングしてたんだよ。
そしたら後からやってきた女がその柱の横に立って、ポーズ取りやがった。
ツレの男が私の後ろに立ち、その女を撮ろうとしてて、ヾ(-_-;) オイオイ... 私の存在無視かよ

ってジィ~っと見てたら、やっと気付いたらしく撮るのを止めて、どこうとしたけど
『そこまで来てるんならもう先撮っちゃえよ』と思ったから、
『あー!いい!いい!先どうぞ』と言ったら、ありがとうもなく撮影開始。
しかも何カットも撮影。
ちょっとずうずうし過ぎないか?
後から来て、とりあえず譲ってもらえたわけで、普通1枚だけ撮って止めるだろ。
私が居なくなったあと再び続き撮るなら分かるけど、お先にどーぞって言った途端、
ガンガン撮りまくる。
これだから、中国人は嫌いなんだよヾ(*`Д´*)ノプンスコ!!
ずうずうしいったらありゃしない。
遠慮って言葉知らないのか!
これが大陸気質なのか?

走り出して、チョイとしたら、あれ (o゜ー゜o)?? また釧路市だ。
DSCN1059.jpg
釧路市から白糠町に入ったのに、また釧路市。
どうやら、釧路市は、コの字になっているらしい。

DSCN1060.jpg
音別駅。
DSCN1061.jpg
駅の脇にあった自販機に入ってた。
北海道限定缶コーヒー。

DSCN1063.jpg
直別から道道1038号へ。
海岸線ギリギリを走る道。
DSCN1065.jpg
天気は今にも降りそうな天気。

厚内駅の前で休憩してると逆方向から来たツーリングバイク2台。
カッパを着てるΣ( ̄口 ̄||)
向こうは雨なのか?
この先、地図ではダートになってるので道路状況がどうだったかこの2人に聞いた。
『(・_・)エッ......?ダート?ずっと舗装路でしたよ』とのこと。
あれれ (o゜ー゜o)??  じゃあ、このダートは今は舗装されたのか?
ならいーや、オフロードバイクじゃないから、ダートは無い方がいい。

しかし、国道との分岐点に来るとエェェΣ(・ω・ノ)ノェェエ
ダートになってるやんΣ(゜Д゜;≡;゜д゜)
さっきの人達、ここ来たんじゃないの?
舗装してないやん、見事にダートやん。
道道の方向は舗装路だけど…こっちから来たってこと?
いやいや、海沿いを来たって言ってたよな。
暫くその場で悩んだが、雨も降りそうだし、雨のダートになったらキツいから海沿いは諦めて
舗装してる山の方へ行く道道を行った。

しかし…あれれ
1kmも行かないところに出来たばっかの感じの道路が出現。
どうやら彼らはここから来たようだ。
さっきのダートを避けるように通ってる新しい舗装路。
なるそばざるそば(* ゚,_っ゚)-,_っ-)゚,_っ゚)-,_っ-)ゥンゥン

R336を十勝平野へ。
十勝川の河口の橋は、でっけ~。
DSCN1068.jpg DSCN1069.jpg DSCN1071.jpg
 

地図を見ると、海のすぐ横に湖があるらしい。
海沿いに湖を見渡す展望台もあるらしい。
行ってみよう。
道道1051号に入る。
この道、舗装路だけどすげー悪道。
段差が凄いんですけど。
湖が見えて来たが展望台がどこにあるのか分からないまま、終点に。
DSCN1072.jpg
この道は行き止まりなのだ。
仕方なくUターン。
戻ってると小高い丘を発見。
あれの上に展望台があるのか?
麓まで行ってみると…ゲこれ登んのかよ。
長いこと人の手が入ってない感じの遊歩道がある。
草がボゥボゥで道が見えない。
こりゃ止めとこう


DSCN1073.jpg DSCN1074.jpg
湧洞湖。

続いては、豊頃町内にある『はるにれの木』ってのが気になって行ってみた。
向かう道すがらは、ず~~っと牧草地帯。
DSCN1075.jpg

これ、現地に行くまでずっと『この~木何の木気になる木~♪』の日立の木だと思っていた。
全然違った。
見た途端、ガックシorz

DSCN1076.jpg DSCN1077.jpg
これが、はるにれの木。

DSCN1079.jpg
池田町で撮った北海道の何気ない風景。
道民には何気ない風景だろうが、道外から来た者には、撮りたくなる風景なのだ。


じゃあ、次はナイタイ高原行きますか。
ここもまだ行った事のない場所。
帯広は過去三回のツーリングで全部寄ってるのに、ナイタイ高原は行ったことがなかったのだ。

向かってる時、ここを通った。
DSCN1081.jpg
三菱十勝研究所。
ここは、アレですよ。
今年5月に、軽トラで配達で来たところなんですよ。
あの時は、21時に成田を出て、翌日18時にここに来ましたからね~。
軽トラで1000km越えは初体験だった。

では、ナイタイ高原。
DSCN1085.jpg DSCN1086.jpg DSCN1089.jpg

DSCN1090.jpg DSCN1091.jpg
結構高いところまで上るんだね~。
雨が降ったらしく、路面はビショビショ。
そして寒い ((;゜Д゜))ガクガクブルブル
 

では、麓に下りますかね~。
帯広市内に向け走りながら、豚丼の店を探す。
帯広と言えば、名物豚丼だから。
あれ?グルメは興味無いんじゃなかったっけ~?
まー基本的にはご当地グルメは気にしないんですが、豚丼は普通に好きなので。

豚丼の写真撮るの忘れた
DSCN1096.jpg
つうわけで食べた店の写真で。
因みに、豚丼って、読み方は、『ぶたどん』なんだけど、
以前吉野家で豚丼食べた時に店員に『ぶたどん下さい』って言ったら
『はい、とんどん一つですね』と言われ、(・_・)エッ......?とんどんが正しいの?と思って
以来、どっちが正しいんだろうと思っていた。
正解はぶたどんらしい。
だって、この店『ぶたいち』は『豚丼一番(ぶたどんいちばん)』の略だから。

夕方、本日のお宿、RH大正カニの家にIN
DSCN1099.jpg
しかし、あれ (o゜ー゜o)??
全然バイクが停まっとらんやん。
宿泊客こんだけ?
チャリが2台あるだけ。
で、入って宿帳に書こうとしたら、宿帳にズラ~っと。
みんなチェックイン?してからどっか行ったらしい。
後から、ゾロゾロ戻ってくる人…新たに来る人…などで総勢17~18人になった。

稚内のRHでは、駅に近いせいもあって、徒歩旅や鉄道旅の人も多かったが
ここは郊外にあるため、ライダー&チャリダーしかいない。


大正カニの家
DSCN1098.jpg DSCN1100.jpg

無料の割りに、中はかなりキレイ。
DSCN1097.jpg
これは多分、毎日宿泊者全員で掃除をするからだろう。
帯広市営のRH。宿泊料無料。最大3連泊まで。

ここのRHは今回、2回目の利用。
前回は一昨年来た時に利用した。
無料のRHは少ない上に、無料の所でこんなにキレイなところは他には無いから。



本日の走行距離:395km
使ったお金:朝食452円、昼食770円。その他、1120円。
        ガソリン代742円、1118円。
宿泊料金:0円。

北海道ツーリング 5日目 網走~霧多布

9月3日月曜日

結局、昨日は一歩も部屋の外に出なかった。
とにかく体が疲れていたので、動きたくなかったのだ。
昼飯以来、何も食ってなかったから当然お腹は空いていたのだが、
何かを食べに行く気力も無かったので。

素泊まりなので、当然朝飯も無し。
隣のすき家で噂(?)のTKGを食べようかとか思っていたのだが、結局そのまま出発。
到着した時はまだ15時だったので他の泊り客は殆ど居なかったが、出る時
一人のツーリングライダーに会った。
彼は、埼玉からエリミネーター125で来てて、RHには泊まらず、ビジホばかり泊まって周って居るのだと言う。
へー
ま、人それぞれだからね~。
私からすると折角北海道来て、RHに泊まらないなんて…と思っちゃうけど。

月曜の朝7時過ぎ…ウチの方なら思いっきり朝のラッシュの時間帯なのだが、
田舎だから?
網走駅前通りなのに、車はガラガラ。

網走市内のシェルで給油しようと行ったら、まだ開いてなかった。
てか平日の朝とかかき入れ時じゃねーの?

R244で斜里方面へ。
信号待ちで何気に横を見ると、ぉお!!(゜ロ゜屮)屮駅が
それも、私の食指にビンビン来る、萌え~~な駅

DSCN0962.jpg
釧網本線藻琴駅。

そして、こちらも藻琴駅に負けず劣らずの止別駅。
DSCN0963.jpg


DSCN0964.jpg
斜里町に入り、とにかく真っ直ぐなR244を走る。
目指すは、『名も無い展望台』。
ツーリングマップルに名も無い展望台ってのが載ってて気になったので。
R244は途中で折れるのだが、道は道道となりまだ真っ直ぐ続き、名も無い展望台まで続いてる。
ダラダラとした直線の坂を上る。
必死こいて、上る2人のチャリダーが
うわ~、チャリはキツいだろーなー、これは。
追い抜き様に、v(・∀・)yaeh!!

そのすぐ先に、名も無い展望台はあった。

DSCN0968.jpg
これがその展望台。
看板も何も無く、まさしく名前の無い展望台。

 
DSCN0965.jpg DSCN0966.jpg
名も無い展望台からの眺め。

ここで眺めてると先ほどのチャリダーたちがやってきた。
更に仙台からいらっしゃったという女性ライダー(1人旅)が来た。
更に横浜から来たというオジサン2人組(バイク)も来た。

こんな辺鄙な場所みんなよく知ってるね~と思ったら、
やはりツーリングマップルの『名も無い展望台』ってのが気になってきたんだと。

皆さんと互いに撮りっこした。
DSCN0967.jpg

DSCN0969.jpg

皆さんとお別れして、R334をウトロ方面へ。
DSCN0972.jpg DSCN0973.jpg
いよいよ知床半島ですよ。

昨日同様快晴の中、快走
お(屮゜Д゜)屮
オシンコシンの滝だ。
ここは初北海道の時来てるが20数年ぶりなので寄ってみた。

DSCN0974.jpg DSCN0976.jpg
ココ、海のすぐ近くの滝なのだ。
普通、滝って山の中にあるけど、この滝から100mも行くともう河口なのだ

ウトロの街中に入り、セイコマで休憩&メシ。
何と、前日の湧別のセイコマ以来の食事(屮゜Д゜)屮
昨晩は疲労困憊で何も食べずひたすらホテルで寝てたからね。
約20時間ぶりの食事。

知床峠目指して出発。
すると地図には載ってない岬を発見。
 
DSCN0978.jpg DSCN0977.jpg
プユニ岬。
いい眺め天気も最高

最高の天気の中、知床峠を目指す。
DSCN0979.jpg DSCN0980.jpg


知床峠、現着~
DSCN0981.jpg

ここで、朝ホテルで別れた彼と再会。
あら同じ方向だったのねん。
この先、どこ行くんですか?って聞いたら根室って。
私が行こうとしてる街だ。
こりゃまた会うかも。
DSCN0982.jpg

DSCN0983.jpg

峠を下ると、根室海峡へ。
国後島が見える(屮゜Д゜)屮
至る所に『返せ!北方領土』の看板が。

R335を走る。
そういやいつの間にR334からR335になったんだ (o゜ー゜o)??
どうやら峠で号数が変わるらしい。
DSCN0985.jpg
向こうに国後島が見えるんですけど、見えますかね?
DSCN0987.jpg
知床半島の先っちょ。


途中から道道1145号へ入るのだが、地図には『道道1145号の標識が入口』と書いてある。
はい?当たり前やん、それ。

走ってると、右に曲がる道があり、何気にそっちを見ると、道道1145号の標識が見えた。
ぇ━(*´・д・)━!!!そっちかいっ
てか、国道に道道1145号を示す看板無かったやん
たまたま見たから良かったものの~…
( ̄0 ̄;アッ  そういうことか。
国道には道道の分岐点を知らせる標識が無いんだ。
で、曲がったすぐのところに道道1145号の標識が立ってるのだ。

こっからは牧草地帯を抜ける道道。
快晴だし、気持ちE~~( ^ω^)
しかし…あらら
ダートですよ。。。
スクーターで砂利道はキツイなぁ。
暫くダート道道を走る。
何km来た?結構走るがまだダートなの?
タイヤがパンクしないか心配だなぁ。

DSCN0990.jpg DSCN0989.jpg

地図で確認するとどうやら行き過ぎている。
そういや途中に左に曲がる道があったな。
あっちが1145号かい。

またダートを戻る。
そっちの道に入ると、すぐ舗装路になった。
ナンだよー(; ̄_ ̄)=3

DSCN0991.jpg DSCN0992.jpg
気が狂うくらい真っ直ぐの道道1145号を走る。
こんな辺鄙な道、地元車くらいしか通らないだろうと思ってたら、
前方から荷物満載のバイクが(屮゜Д゜)屮

v(・∀・)yaeh!!

向こうも v(・∀・)yaeh!!

ちょっと野付国道を通って、今度は道道774号へ。
これまた気が狂うくらいの真っ直ぐな道。
DSCN0993.jpg DSCN0994.jpg

中標津町内に入る。
この辺では大きな町。
空港もある。
昔は国鉄線もあったのだが、廃止になった。
中標津で給油。

道道8号に入り、根室方面へ。
この辺の道はひたすら真っ直ぐな道が多いが、この道はグネグネ曲がってる。

風連湖そばの湿原を通り、厚床で幹線国道R44へ。
しかし、とりま、厚床駅へ。
DSCN0996.jpg DSCN0997.jpg DSCN0995.jpg
駅マニアなもんでヽ(´∀`*)ノ
駅前のバス停の時刻表を見てビックリ(屮゜Д゜)屮
DSCN0999.jpg
1日3本しか無いやんエェェΣ(・ω・ノ)ノェェエ


国道をすぐに外れ、道道1127号へ。
DSCN1000.jpg
更に道道142号へ。
根室本線に沿って走る。

DSCN1001.jpg
別当賀駅で撮影。
DSCN1004.jpg
↑良い子の皆さんは真似しちゃイケません。
誰も居ないので、ホームの上にバイクで上がって撮影 ...( ̄ー ̄)ニヤリ

続いては、落石駅。
DSCN1008.jpg

ホームにルパン3世の絵が大きく描かれた痛列車(?)が停まってた。
DSCN1006.jpg

DSCN1011.jpg
昆布盛駅

DSCN1012.jpg
花咲ガニで有名な花咲漁港が近くにある花咲駅。

根室市内に入るとこんな標識が。
DSCN1015.jpg
日本語表記・ローマ字表記の他に、ロシア語表記も入ってるのだ。
さすが、北方領土が目の前の街。
ロシア人も多いらしいね。

日本最東端の市、根室市の中心駅がこちら。
DSCN1014.jpg

根室と言えば、この駅は外せないね
日本最東端の駅『東根室駅』
DSCN1016.jpg DSCN1017.jpg


ここには鉄ちゃんが2人居て、写真撮ってた。
そのうちの一人が『あー!アンタ!さっき落石で写真撮ってたバイクの人でしょ』って。
(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ 如何にも。

根室半島の北側を通って、本土最東端納沙布岬を目指す。
半島の北側と南側に道があるのだが、北側の道は通行量が皆無。
帰りに通った南側は多かったのに。
私は同じ道で往復するのは好きじゃないので、行きは北側、帰りは南側を走った。

DSCN1021.jpg DSCN1020.jpg
北側の道、こんなに景色がいいのに、走らないなんて勿体無い。

そうそう、この辺の子供、バイクを見ると、 v(・∀・)yaeh!! してくる。
なので、こちらも v(・∀・)yaeh!!

そして、
キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!!!!

本土最東端、納沙布岬。
DSCN1023.jpg DSCN1022.jpg DSCN1024.jpg


本土最東端なら、日本最東端はどこ?
(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ  現在は実質ここが日本最東端なのですよ。
北方領土が返還されれば日本最東端は変わりますが。

帰り道は、南側。
さっきまで快晴だったのに、あっちゅー間に霧が発生。
濃霧の中進む。

そして、根室市街に。。。
あれ???
今日のお宿は根室半島のRH。
いつのまにか通過した?
戻って探す。
あーーあったあったo(^▽^)o

ん?
あれ??
(o゜ー゜o)??
エェェΣ(・ω・ノ)ノェェエ  まさかの閉鎖?!?!
Σ( ̄口 ̄||)  やってないよー アタヽ( ̄△ ̄ゞ=ヾ ̄△ ̄)ノフタ

最近閉鎖になったRHが多いと聞いていたが、ココもとは。
仕方ないどっか他を探すか。
一応、家出る前に格安宿はチェックしておいたのだ。

霧多布岬のキャンプ場にしよう。
テント持ってないから本当はキャンプ場は無理なんだけど、
ここはバンガローがあるのだ。
電話して聞いたら空いてるって。

霧多布を目指す。
DSCN1026.jpg

DSCN1027.jpg DSCN1029.jpg
途中で見つけた馬。
絵になるでしょ

先ほどから出てきた霧は消えることなくずっと霧の中。

と、ぉお!!(゜ロ゜屮)屮 これは、あの有名な!!
DSCN1032.jpg
こんなところにあったとでつか!
ムツゴロウ動物王国!

これは何と読むのだ (o゜ー゜o)??
DSCN1030.jpg


18時、霧多布岬キャンプ場に到着。
DSCN1041.jpg


DSCN1033.jpg DSCN1036.jpg
泊まったのがココ。
 
1泊1680円。
RHよりはチョイ高。
バンガロー宿泊者は私だけ。
あとは皆テント泊。
ライダーも結構居たが、キャンピングカーの人も多かった。
てか、キャンピングカーならテントで泊まらんでも、車中泊出来るやん(^^ゞ

海がすぐそばなのだが、霧が凄くて、海が全く見えない。
DSCN1038.jpg DSCN1037.jpg
チェックインからチェックアウトまで、終始霧でした。

さすが霧多布。
霧、多いね。




本日の走行距離:403km
使ったお金:朝食398円、昼食480円、夕食400円。
        ガソリン代1423円、686円。
宿泊料金:1680円。

北海道ツーリング 4日目 稚内~網走

9月2日日曜日 天気

前夜は午前0時頃迄盛り上がったo(^-^)o
初日2日目とまともに寝れてないし今夜は初の布団なのでぐっすり寝るぞー
と思っていたら…朝5時に目覚まし時計の鳴る音…
誰だよ、うっせえなあ(-"-;)
すぐ止めてくれたがその後出発の準備してるらしい、ガサゴソガサゴソ(; ̄_ ̄)=3
それも私の横で寝てた人。
本人は起こさないように静かにやってるつもりみたいだが、真横の私は気になって寝れない。

小声で『おはよーございます。もう出発ですか?』と聞くと、『これから稚内駅迄歩いて行って一番列車に乗るんです』だと。
彼は『JR青春18切符』で旅する若者。
つうか稚内駅迄って…RHの最寄り駅は南稚内駅だよ。
イッコ先まで歩いて行くんだね。

彼のガサゴソで完全に目が冴えてしまった私も起きて6時には出発した。
まだ寝てる人多数。
RHは、ホテルとは違うのでチェックアウトとか特に無い。

朝の稚内は涼しくて気持ち良いねヽ(´∀`*)ノ
そして日曜日なので車通りも少ないし。
先ずは燃料入れに。
こんな田舎でも24時間のスタンドがあるんだねえ。
助かるよ。

さて、では、日本最北端の宗谷岬を目指しますかo(^-^)o
DSCN0910.jpg
宗谷岬へはR238をずっと行けばいいのだが、昨晩RHで宗谷岬近くの宗谷丘陵は良いよ!と聞いていたので
そっち経由で行く事にした。

DSCN0911.jpg
しかし…R238の道路標識、網走迄304kmって
道外じゃ有り得ない距離だね。

道道889号に入る。
ここが宗谷丘陵への入り口。
道を上って行くと、辺りが開けて、 w(▼o▼)w オオ-!
あれだね、阿蘇の外輪山みたいな所だね。
丘の上には風力発電の風車がいっぱーい(⌒~⌒)
DSCN0912.jpg DSCN0914.jpg

DSCN0915.jpg DSCN0916.jpg
 

宗谷岬方面に降りて行き、あれ?
聞いた話だと宗谷丘陵から降りてきたら目の前が宗谷岬だと言われてたのだが
集落の中に降りて来たよ。
DSCN0917.jpg
道間違えたか?
左右どちらに行けば宗谷岬かも書いてないし。
(へ ̄|||| )ウーム・・・困った。
何となく地形からして左の気がするので左へ。
暫く走ると…ビンゴ
宗谷岬だあワーイッ \( ̄ー\)(/ー ̄)/ワーイッ

朝七時過ぎだけど数台のバイクが止まってる。
その中の一台、赤いカワサキのバイク。
この人、昨日、道の駅富士見でレンタバイクの人と話してる時入ってきて挨拶した人だ

『どうもおはよーございます。昨日挨拶した人ですよねえ』
『ぁあ…おはよーございます。昨日は猿払の方に泊まったの?』
逆方向から来た私を見てそう思ったらしい。
『いえいえ稚内市内です。道を間違えて向こうの方に出たので』

彼は昨日、野寒布岬そばのRHサガレンに泊まったらしい。
そういや昨日のレンタバイクの兄ちゃんはどこに泊まったのだろう?
RHって何ですか?って言ってたから、ホテルとかに泊まったのかな?

さてさて、日本最北端で記念撮影。
DSCN0919.jpg DSCN0920.jpg
ここに来るの実は二回目!
初めて来たのは平成元年の8月頭。
初の北海道ツーリングの際に来ました。
その時は8月頭の昼間に来たにも関わらず、気温が20℃しか無くて驚いた。
さすが日本最北端だなあって。

今回は9月頭の朝7時過ぎ。
充分涼しくてもいいはずなのに、何と24℃もあったエェェΣ(・ω・ノ)ノェェエ
DSCN0921.jpg

RHのおばちゃん言ってたけど今年の夏は異常だわって。
例年9月の稚内でこんなに気温が高い事は無いらしい。

記念撮影してバイクに戻ってくると、一台の原チャリスクーターが。
ぉお!!(゜ロ゜屮)屮
これで来たんかい
とナンバー見るとピンク。
何だ125か(; ̄_ ̄)=3
でもこの車体に荷物満載して来るのはすごいよね。
ナンバーは長岡京市。
『ぉお、京都から来たの?』
『はい(^O^)』

暫くすると、今度は正真正銘原チャリスクーター登場!
ホンダトゥデイ。
此方は京都市ナンバー。
スゲーね、皆。

そこに地元民らしいオジサンが寄ってきて
『凄いねー京都からこれで来たの
更に横のピンクナンバーのバイク見て『こっちは長岡凄いねー

いやいやオッサン(^_^;)
長岡じゃなくて、長岡京ですから。
長岡は新潟、彼は京都府長岡京市。
言われた彼は何故か訂正しなかった。
良く間違えられるのかな?

じゃあ、出発しようかって時に、250ニンジャが二台入ってきた。
一台は習志野ナンバー。
『あ、千葉だ』
この時はそれしか思わなかったので、話しかける事もなく出発した。


さて、宗谷岬にも来たし、後は南下です。
オホーツク海に沿って網走を目指す。
網走へは、R238をひたすら進めばいいのだがそれじゃ詰まらんので
ちょこちょこ寄り道。

DSCN0923.jpg
道の駅さるふつ公園で休憩。
DSCN0924.jpg
ここの道の駅、キャンプ場を併設してるのだが、広いにも程がある!
地平線が見えるんじゃないかって位、遥か向こう迄キャンプ場。
DSCN0925.jpg

道の駅を出て、それまで海岸線を走ってた国道は内陸部へ。
地図を見ると、海岸に沿って、道道エサヌカ線というのが延びてる。
お!これ行ってみようかな( ̄∀ ̄)
そちらに入ると何も無い原野に道が真っ直ぐ延びていて、車は皆無。
こりゃ気持ち良い~(^O^)
DSCN0928.jpg

よし!じゃあアレやりますかね ...( ̄ー ̄)ニヤリ
北海道ツーリング中に一度はやろうと思っていたこと。
道の真ん中にバイクを停めて、真っ直ぐの道を撮影する事。
DSCN0926.jpg DSCN0927.jpg
パシャリ
浜頓別で国道に戻った。

しっかし、天気が最高に良いねo(^-^)o
雲一つ無い快晴
DSCN0930.jpg DSCN0931.jpg

昨日の降ったり止んだりとは大違い。
この天気の中走るとテンションも上がるってもんですよ。
時々スライドするバイクとは、 v(・∀・)yaeh!! しまくり。
勿論、チャリダーとも  v(・∀・)yaeh!!

枝幸町に入る。
DSCN0932.jpg
ここには伝説のRHがあった。
平成元年に泊まった。
道北をツーリングする人って、道東とか道央に比べると少ないからRHも激混みって所は無いのだが
ここは超有名でいつも激混みだった。
銭湯併設のRHだったんだが、今は閉鎖されてるらしい。
当時、道内各地にあったRHも最盛期に比べるとだいぶ減ってるらしい。
経営者の高齢化や、ライダー人口の減少もあるらしい。

さて、昼頃、興部町の道の駅おこっぺに到着。
DSCN0934.jpg
この頃、かなりの疲労が出てた。
初日のネットカフェ殆ど寝れず、2日目のフェリー雑魚寝でぐっすり寝れず、3日目の今朝5時に起こされ睡眠不足。
朝のウチは元気だったが一気にテンションダウン。
今晩もRHに宿泊予定だったが予定変更。
ビジホな泊まる事にした。
今晩は一人でゆっくり誰にも邪魔されず寝たい。

網走周辺のビジホを検索するも、やはり地方都市だねえ(-.-;)
高いよ、みんな。
私の基準では、素泊まり3000円以下なのだ。
実際そういうビジホは多いので、決して無茶な条件ではない。
しかし、網走周辺には無い。
やっと見つけたのが、素泊まり3900円のビジホ。
仕方無い、そこにするか ┐(-。ー;)┌
じゃらんのポイントを使ったので3600円になったが。

さて、宿は予約したし、なるべく早く宿に行ってゆっくり休もうっと。

今日はもうあっちこっち寄るのは止め
…の筈だったのに、っかしいなあ~

DSCN0937.jpg
とりま、紋別市内のスタンドで給油。
DSCN0936.jpg
話はしなかったが、この人、沖縄ナンバー(屮゜Д゜)屮
凄いね~、南から北へ。

湧別町内のセイコマで昼飯。
R238を走ってると広大な湖、サロマ湖の横に来た。
いや、景色がいいもんでちょこちょこ停まっては撮影。
DSCN0938.jpg DSCN0939.jpg DSCN0940.jpg

佐呂間町に入った。
DSCN0942.jpg

DSCN0943.jpg DSCN0944.jpg
 
そうしてると、キムアネップ岬という、アイヌ語感たっぷりの地名が出てきて
行ってみたくなり、疲れてるのに寄り道GO
DSCN0945.jpg DSCN0946.jpg DSCN0947.jpg
これと言った景色には遭遇出来ず、また国道に戻る。
ちょっと走ると湖岸沿いの道道442号の標識が出てて、またもや行っちゃうし(^_^;)
疲れてるんだから止めときなってのに(-.-;)
でも良い景色が見れましたよo(^-^)o
DSCN0951.jpg DSCN0953.jpg


DSCN0954.jpg
網走市内に入り、
DSCN0955.jpg
能取湖、網走湖の湖岸を走り、網走湖岸で休憩した時には疲労困憊。
だ~か~ら~、疲れてるんだから、真っ直ぐ宿を目指しなさいって。
ちょこちょこ寄り道するからでしょう。
お前は子供か!
目の前に楽しい事があると疲れてても我慢出来なくなる。

で、やっとこさ宿到着。
ホテル サン・アバシリ。
DSCN0961.jpg DSCN0956.jpg

隣がすき家でその隣は網走駅という立地。
駅のすぐそばなのに平面駐車場がある。
15時過ぎにチェックイン。

チェックインする時、もう一人の宿泊客が、
『ここだよね?ホテル アバシリ・サン』って聞いてた。
ぉいおぃ、サン・アバシリだろ。
アバシリサンじゃ人の名前みたいじゃねえか。
思わず吹き出しそうになった。


とりま寝たくて部屋に入るとシャワー浴びて速攻寝た。
19時前起きた。
お腹が空いてきた。
隣にすき家あったよな。
だけどまだ体が疲れていて部屋を出る元気も無い。
結局何も食わずそのまま寝た。





本日の走行距離:351km
使ったお金:昼食693円。 その他、120円。
        ガソリン代967円、980円。
宿泊料金:3600円(じゃらんポイント使用)。

北海道ツーリング 3日目 苫小牧~稚内

9月1日土曜日 天気

前回のツーレポは八戸で終わりでしたが、フェリーで夜中移動だったので、
今朝は、苫小牧から出発です

昨晩は、22時出航。
8月最終日の船はまだまだ大盛況?
乗船する人の多いこと多いこと。
夏の北海道観光のピークは過ぎたというのに、まだこんなにいっぱいの人が
北海道を目指すんだね。

2等船室は、雑魚寝の人がいっぱいで…
落ち着いて寝れなかったヨ。
それでも、前日、ネットカフェで殆ど寝れなかったから、そこそこ寝た。
6時入港なので、5時くらいからざわつきだして…。
まだ眠い~~

甲板に出ると、ぉお!!(゜ロ゜屮)屮 朝日が
DSCN0847.jpg
太平洋の夜明けだ。

6時、苫小牧港入港。
DSCN0848.jpg
いよいよ北海道上陸ぅ~。
北海道も暑いから覚悟しなよ~って三陸で会った北海道からのライダーに言われていたが
まだ早朝だからか涼しくて、凄く快適。

上陸してチョイ行ったシェル・セルフで給油。
このあと、道内各地のシェルセルフで給油するが、ここ以外のスタンドで
イージーペイが使えたところは無かった。
ヾ(-_-;) オイオイ... 何の為のイージーペイだ
イージーペイの使えないシェルセルフなんか意味が無い。

R234を北上。
ほどなくして、最初のライダーとスライド。
よ~し、キタ━(・∀・)━!!

v(・∀・)yaeh!!

そしたら、向こうも

v(・∀・)yaeh!!

ヨッシャーー
これぞ北海道ツーリングの醍醐味ィ~~~v(・∀・)yaeh!!

昔は、日本各地で見られたライダー同士の v(・∀・)yaeh!! だが、
今じゃ北海道以外では行われなくなったライダー同士の合言葉。

私は、これがやりたくて北海道ツーリングに来る様なものなのです。

国道沿いのJR早来駅で休憩。
DSCN0850.jpg
ここに北海道限定って言う缶コーヒーがあったので購入。
DSCN0849.jpg


もう時期が時期だからなのか、早朝だからなのか、あまりバイクとスライドしない。
でもバイクが来るたびに

v(・∀・)yaeh!!

対向バイクからの v(・∀・)yaeh!! も9割くらいの確率で返ってくる。
いいぞ、いい象

DSCN0851.jpg
とりま、セイコマへ。
北海道と言ったら、あーた、セイコーマートでしょう。
セイコマ無くして北海道は語れません。
道中、殆どセイコマに入りました。
惣菜関係は安くて豊富。
セブンより断然d(>∀< )イイ!!!

由仁町で、道道30号へ。
DSCN0853.jpg
今回の北海道ツーでは、なるべく幹線道路は避けて、田舎道を走ることに決めている。
もう4回目なので有名観光地はどうでもいい。
あまり人にしられていないような所に行きたい。
そして、走る道も国道じゃなく、道道を中心に走りたいのである。
DSCN0855.jpg
岩見沢市。

DSCN0856.jpg
三笠市で幹線国道R12へ。
この先に、日本一の直線道路があるのだ。
それがココ。
DSCN0857.jpg
日本一の直線道路の看板
DSCN0858.jpg
そのストレートの始まり。ここから約30kmの直線が続く。

ずっと国道を走っても飽きるので、茶志内(ちゃしない)から道道へ逃げる。
晩生内(おそきない)でR275へ。
R275は、JR札沼線に沿って走る。
途中の浦臼駅で、パチリ。
DSCN0859.jpg

今回、ツーリングしながら、道内各地の駅の写真を撮ることも目的の一つとしている。
駅マニアなのですよ、私。
鉄道マニアじゃなく、駅マニア。
鉄道の駅限定で好きなんです。
特に、田舎の鄙びた駅ほど、萌えるんです( ^ω^)

DSCN0861.jpg
セイコマと並んで、北海道と言えばこれも外せないですね。
ホクレン。
今年は、4色のフラッグが道内各地で手に入るとかで集めてるライダーさんも多かったです。
私は、シェル以外では給油しないのでホクレンで入れることは無かったのですが、
北海道に来た記念にホクレンで撮影。

新十津川の街に入ったが、新十津川駅が見つからない。
あっち行き~のこっち行き~の、探す。
ここは抑えたい一つだったので。
行き止まりの終着駅なんですよ。
終着駅って奴には、一層の旅情をかき立てられるので。
DSCN0862.jpg DSCN0863.jpg DSCN0864.jpg
 

新十津川駅も撮ったことだし出発。
道の駅田園の里うりゅうで休憩。
と、そこに自衛隊車両が入って来たのだが、
なんだああああ~~~これはああああ~~~~
DSCN0865.jpg
こんな馬鹿デッカい車両って有りなんですか
こんなんで公道走っちゃイカンでしょ、普通は。

留萌目指して走ってると、『ひまわりの里』の看板が。
あーこれ聞いたことあるぅ~。
100万本のひまわりが丘一面黄色に染まるって奴だよね。
TVで見たことがあるよ。
予定には無かったが、ヨシ行ってみよう
こういうのが、ソロツーならではの楽しみだね。
思いつきでドンドン予定変更。

 
もう時季は過ぎていたらしい。
7割方枯れていますな。
DSCN0866.jpg DSCN0867.jpg
本来入場料を取るらしいのだが、事務所も土産物屋もみんなシャッターが降りてた。
誰も居ない。

R233に入り、留萌を目指す。
ここまでずっと曇り空だったが、段々雨っぽい感じに。
道路も濡れてきたし。
幌糠(ほろぬか)辺りに来ると、遂に降って来ましたよ~
この旅、初のカッパ登場。
カッパを着てると、地元ライダーらしきビグスクの兄ちゃんが雨に濡れながら走り去って行った。
カッパ持ってないのかな?

留萌市内に入る頃にはザァーザァーの本降りに。
シェルがあったので給油。
ちょっと小降りになってきたので、昼飯にしようと食事処を探す。
と、その前に駅があったので、
DSCN0869.jpg
ご覧の通り、雨なんですよね。
そして、すき家があったので、IN
全くね~北海道来てまでもすき家かよ~。
だって、地元の美味しい店探すの面倒くさいんだもん(´・ω・`)
それにそんなにグルメ志向じゃないから食事は腹が膨らめばいいし。

すき家を出たころには雨も上がっていた。
カッパを綺麗に畳んで出発
日本海沿いのR232へ出る。
稚内まで163kmの看板。
DSCN0870.jpg
まだ結構あるね~。
この辺りからまた雲行きが怪しく…。
おいおい~、また雨降ってきたよぉ~(´д`;)
仕方なくまたカッパを着ることに。
DSCN0871.jpg

カッパ着て走ってると、さっきずぶ濡れになりながら走ってたビグスクの兄ちゃんが路肩で休憩してた。
やっぱカッパ持ってないんだ。
カッパ着ようとしてる風じゃなかったもんな。

道の駅風Wとままえで休憩。
雨が上がってきたが、また降り出すと嫌なのでカッパは脱がないまま出発。
出発する時、さっきのビグスク兄ちゃんが入れ替わりで入って来た。
道の駅ロマン街道しょさんべつで休憩しようと思ったら、入るところ間違えて、その先の
何も無いパーキングに入っちゃった。
戻るの面倒なのでそこで休憩。

休憩してると先ほどのビグスク兄ちゃんが目の前を通った。
こっちを見ながら通ったので、向こうも何回も会ってることに気付いてるらしい。
しかし荷物を全く積んでないから地元ライダーだよな~。
カッパも持ってないんじゃツーリングじゃなさそうだし。
しかし留萌の手前であって、今、同じ稚内方向に向かってるが彼も稚内まで行くのだろうか。
結構遠いぞ。
北海道は広いから100kmや200kmくらいは地元の範囲なのか?

DSCN0874.jpg

出発して暫くすると、前を走るチャリダーに追いついた。
ライダーだけでなくチャリダーも結構走ってる。
私からするとこんな広い北海道を自転車で走破しようなんて凄すぎる(屮゜Д゜)屮
って思うのだが。
チャリダーを抜く際にも v(・∀・)yaeh!! する。
チャリダーも v(・∀・)yaeh!! で返してくれる。
そんなチャリダーの1台に、んんん???となった。
なんとママチャリで旅してる少年に遭遇エェェΣ(・ω・ノ)ノェェエ

チャリで回ってる人は、スポーツタイプのチャリが殆ど。
ママチャリは見たことがねえ。
その先の道の駅富士見で休んでると、さっき抜いたママチャリが入って来た。
DSCN0875.jpg
横浜から自走してきたんだってぇ(屮゜Д゜)屮
ひえ~(;´Д`)  凄いわ

そして、さっきから何度も遭遇してるビグスクの兄ちゃんも居たので話しかけた。
すると彼は地元ライダーでは無かった。
バイクもよく見るとレンタバイク。
『1 札幌 わ XXXX』
何でも、千葉から出張で札幌に来てて、土日が休みですることがなく、
ホテルに2日もダラダラ居ても勿体無いから、道内をツーリングしたいと思ったのだそうだ。
でも出張で来てるからライダージャケットとかメットとかグローブとかも何も無いから
一式レンタバイク屋で借りたそうな。
荷物が無いのはそのせい。
カッパのことまでは考えていなかったらしい。

ツルンで走ることは無かったが、この先もこの彼と何度も行き会った。
天塩からオロロンラインに入る。
DSCN0876.jpg
ここはサロベツ原野を突き抜ける道道106号。
ライダー&チャリダーは、メインの国道を通らず、皆、ここを走って稚内を目指す。
DSCN0879.jpg


DSCN0881.jpg DSCN0883.jpg
オトンルイ風力発電所。
28基もの風力発電のプロペラが並ぶ。

道は、とにか~~~く真っ直ぐ。
周囲には何もな~~~~い。
DSCN0886.jpg DSCN0887.jpg

DSCN0888.jpg
横の建物と車と比較して見て下さい、こんなに大きいんですよ。

DSCN0889.jpg 
ひたすら、原野の真ん中を道が伸びてる。
左手には、常に利尻島の利尻富士が見えてる。
DSCN0892.jpg


しっかし、寒いわ ((;゜Д゜))ガクガクブルブル
三陸で会ったオッチャンの嘘つき!
全然暑く無いやん!
寒いわ!
稚内市に突入 \(^o^)/
DSCN0896.jpg

道道254号(無事カエルロード)に入る。
目指すはノシャップ岬。

(・_・)エッ......? ノサップ岬。
いえいえ、違いますよ~。
ノサップ岬は根室の所、日本最東端。
ここは、宗谷岬の近くのノシャップ岬ですよ。

因みに漢字で書くと、こう! 野寒布岬。

ここでもレンタバイクの兄ちゃんに会う。
写真を撮って貰った。
DSCN0899.jpg


じゃあ、お気をつけてと別れる。
今日は稚内市内のライダーハウス(以下、RH)で泊まるが、その前に日本最北端の駅に行っとこうかいね。
稚内駅に向かってると、またまたさっきの兄ちゃんに会った。
兄ちゃんも稚内駅に行こうとしてんだと。
彼は駅マニアではないが、最北端の駅には興味があったのだそう。
DSCN0900.jpg DSCN0901.jpg

DSCN0902.jpg DSCN0903.jpg
今度こそ、バイバイした。

目的地は、市内のRHみどり湯。
ライダーの間で有名なRH。
リピーターも多いらしいので、ここにしようと思った。

18時到着。
DSCN0907.jpg DSCN0908.jpg

既に中には人がいっぱい。
RHって普通は建物だけが提供されるので、寝袋持参で泊まるのが基本。
でもここは2段ベッドが並んでいて、布団と枕もあるのだ。
入ったら、下段は全て埋まっていた。
ライダーハウスって名前の通り、ライダーがメインだが、チャリダーや徒歩旅、鉄道旅の人も多い。
外国人のバックパッカーとかも来る。
今回は、22人の宿泊者がいて、チャリダーが半分くらいいた。
鹿児島から自走で来たというチャリダーも。

RHみどり湯は、銭湯が併設されてる。
と言うか、RHが銭湯に併設されてる。
昨日・一昨日と入ってないので銭湯に入ったのだが、日帰り温泉とはかなり勝手が違うんだね。
タオル持参なのは当然としても、シャンプーや石鹸まで持参しなきゃならんとは。
持ってないので、シャンプーと石鹸は買ったよ(; ̄_ ̄)=3

RHみどり湯の壁には結婚式のカップルの写真がいっぱい貼ってあって、
それは全て、ココで出会ってゴールインした組の写真らしい。
スゲー。
そんな出会い、いいなぁ (//∀//)

夜はみんなで宴会。
楽しい夜を過ごしました。
やっぱ北海道ツーはRHだよなぁ。







本日の走行距離:395km
使ったお金:朝食310円、昼食550円、夕食688円。 その他、110円。
        風呂代480円。
        ガソリン代913円、817円。
宿泊料金:1000円。

北海道ツーリング 2日目 仙台~八戸

8月31日金曜日 天気

前日、自遊空間に16時にINして、12時間パックで入ったので、朝4時にOUT。
で、12時間の間に7~8時間は寝ようと思っていたのに、煩くて全然寝れなかった。
煩いだけじゃなく、マットブースも狭かったし。

大都会仙台の街中にあるせいか、お客さんも凄く多くて、夜中になってもざわついてる感じ。
隣のブースの奴はずっと咳き込んでるし、裏側のブースからは、ずっと咳払いが聞こえるし。
気になって、全然寝れない。
1日目は朝4時起きで、1日バイクで走ってきて疲れてるからグッスリ寝たかったのに。

ほっとんど寝れないまま、4時に退店。
夜明け前なのに、外に出たら、ムア~~ (´Д`υ)
仙台の夜、熱帯夜?
全然涼しくないやん(; ̄_ ̄)=3
関東の朝方と変わらん。

夜明け前の仙台市内の道は、空いてる。
ガラガラの県道35号を走り、ファミマでお茶とオニギリを買う。
これが朝食。
35号線から県道8号線に入り、三陸へと向かう。
県8からR45へ。
R45は、仙台から八戸まで三陸海岸沿いを進む国道。
震災当初は、津波の影響で寸断されて通行不可だったが、今は全線通行可。

三陸海岸は以前から一度走ってみたかった道。
くわえて、津波による被害を受けた地域が実際にどうなってるのか
映像じゃなく自分の目で見てみたかったのもあった。
今どのくらい復興してるのだろう?とかこの現実を風化させない為にも自分の脳裏に
焼き付けたいとかの思いもあった。

しかし、三陸を走るにあたっては、葛藤があった。
ツーリングで通過するなんて、現地の人は必死で生きてるのにそんな呑気な格好で
走っていいのかな?って。
観光気分でフラフラ入って来るな!って思われるんじゃないかなとか。

ネットで色々調べたら、余所者の来訪は歓迎する声が多かったので安心した。
ただ、津波被害に遭った建物の前とかで笑顔でピースサインしながら写真撮ってる奴を
見ると腹が立つとか、被害者の居る前でバシバシ写真撮る奴とかいてムカつくとか
書いてあったので、被害の状況を撮影する時は誰も見てない時にコソコソ撮った。

さて、鳴瀬奥松島インターから、無料の三陸道へ。
最初のPA、矢本PAで休憩。
DSCN0816.jpg
先ほど迄、ムア~とした感じだったが、この辺に来るとやや涼しくなってきた。
登米インターで降り、R346へ。
道の駅林林館で休憩。
DSCN0817.jpg
この辺になると涼しいを超えて、肌寒くなってきた。
((;゜Д゜))ガクガクブルブル

程なく、岩手県境へ。
DSCN0818.jpg

しかし5分ほど走ったら、また宮城県へ。
DSCN0819.jpg
(・_・)エッ......?

何か、岩手県の一部がここだけ宮城県に食い込んでいたらしい。
本吉町で三陸海岸に出る。
天気はどんより。
今にも降りそうな天気

この辺は被害の痕跡は見られない。
やや高台のせいなのか、津波は来なかったのか?
暫く走って、気仙沼市街に来るが、郊外にバイパスが出来ていて、ちょうど朝のラッシュってこともあって
市街地を避けて、バイパスを走った。
バイパスは高台を貫いているので被害状況をみることはなかった。

その先のローソンで休憩。
そのローソン周辺は異様な風景だった。
周りには民家も何もなく、ローソンも仮店舗みたいなプレハブの店舗。
駐車場にバイクを止め、ローソンの周囲を見渡すと…Σ( ̄口 ̄||)

ここには集落があった
全部消えていたのだ
草がボーボー生えてる広い空き地に見えたそこは、土台が延々と残る一帯だった。

DSCN0821.jpg
津波の破壊力で曲がった鉄製の何か。

DSCN0822.jpg
ここは海そばの川。川に沿って津波が上がってきたのだろう。
何かが激しく擦れた跡が残っていた。

DSCN0823.jpg
土台だけが続く風景。

ちょっと走ると岩手県境。
DSCN0824.jpg
ここからは本当に岩手県。
県境は山の上だったが、下ってくるとまた津波の被害を受けたエリアに。
先ほどのところより凄まじい光景。

DSCN0825.jpg
三階まで破壊された校舎。
一体何mの津波が来たのだ

その先に道の駅があるので寄ってみようと行ったら…
DSCN0826.jpg
津波でぐちゃぐちゃ。
閉鎖中。

この道の駅の前には広大な土地が広がっていた。
DSCN0827.jpg
何も無い。
DSCN0828.jpg
いや、何も無くなっているのだ。
ここには確かに街があった。
TVやYoutubeで見た映像とは違う生の風景。
暫く呆然と見ていた。
そんな中でも普通に走っていく地元の車たち。

1日も早い復興を心よりお祈りいたしますm(__)m

 

次なる街は大船渡市だが、ここはバイパスを使った。
観光客がむやみに生活道路に入るのはいかがなものかと思ったので。
道の駅さんりくで休憩。

因みに八戸まで向かうこの三陸の道、走ってる間、何台ものツーリングバイク
(荷物をいっぱい背負ってる)とすれ違った。
結構来る人いるんだね。

釜石市はバイパスが無いので街のど真ん中を抜けたが、ここも爪あとが。。。
かろうじて流されずに残ったビルも中はぐちゃぐちゃでガレキが詰まったまま放置されてたり。
骨組みだけ建ってるガソリンスタンドやら…。

廃墟になったビルの玄関に『どこそこで仮店舗にて元気に営業中!』って貼り紙を
見た時は嬉しかった(ノ*´ー`)

朝はあんなに涼しかったのに、この辺ではかなり暑く何か飲みたいなと思っていたところ、
広大な土地の真ん中にコインランドリーとコイン洗車場があった。
そこに自販機が並んでたので停まって、コーヒーを買った。
その場所は、釜石市鵜住居(うのすまい)。
ここもかなりの被害を受けたエリアで、回りは何も無くなっていた。
DSCN0829.jpg DSCN0830.jpg
そこに建っていた無人の店舗。
 

陸中山田で給油。
ここはシェルだけどセルフじゃない。
スタンドが営業しててくれるだけで有りがたい(-人-)

宮古市街に入る少し手前のファミマで休憩。
三陸海岸沿いの津波被害を受けたエリアにはいくつもプレハブの仮店舗で営業してる
ファミマやローソンがあった。

宮古市の道の駅たろうで休んでいると、ツーリングライダーに話し掛けられた。
DSCN0831.jpg
北海道から来た60歳過ぎのオジサン。
アメリカンバイクに荷物満載して本日八戸に上陸したらしい。
これから震災後の復興状況を見ながら仙台に向かうのだと言う。
オジサン曰く、『今年の北海道は異常だよ。もう9月になると言うのに連日30℃越えで暑くてかなわん。覚悟しときなよ』だそうだ。

その先の道の駅たのはたで休んでると、『千葉からですか?』と聞いてきたおじさん。
『これから北海道行くんです』と言うと
『北海道に知り合いに会いに行くんですか?』って。
(・_・)エッ......? 『いや、ツーリングです』と言うと、ほぉ~って
バイクで北海道って言ったらツーリングでしょ。
知り合いに会いに行くのかなんて聞かれたの初めてだわ。

DSCN0832.jpg DSCN0833.jpg

午後、前夜、寝れなかった影響が出てきたよ
猛烈に眠い
居眠り運転しそう。。。
必死で堪えながら、走る。

DSCN0834.jpg

青森県境に近い洋野町のサークルKで休憩。
そういや、ここまでコンビニはずっとファミマかローソンでセブンが一軒も無かったな。
岩手県はセブンが無いエリアなのか?
つか、ここへ来てサークルKが出現。
サークルKと言えば、愛知・静岡など東海エリアが主力の店。
関東ではみない。
東北でも全然見なかったのにここへ来て出現。
このあと、青森県内でもいくつもサークルKがあった。

青森県突入 \(^o^)/
DSCN0836.jpg


このままR45で八戸入っても詰まらないので、ケンイチ(県道1号)へ。
DSCN0839.jpg
ここの沿道には種差海岸と言う白砂青松100選に入ってる海岸がある。
DSCN0840.jpg DSCN0841.jpg DSCN0842.jpg
 

午後3時過ぎ、八戸市内のすき家でメシ。
そして、フェリーターミナルへ。
DSCN0844.jpg
フェリーの時間は22時。
まだ6時間もありやがる(屮゜Д゜)屮
待ってる間、体がベタベタするので、どっか風呂屋に行きたいなぁ~と思いつつも
どこにあるか分からんし、もう走りたくないのでそのまま待合室にいた。

この時季、八戸港から北海道に渡るライダーは結構居るんだねえ。
10台くらいが乗った。
DSCN0845.jpg

この船は、特等・1等・2等の3種類しかない。
雑魚寝の2等にした。
DSCN0846.jpg
22時出航で、明朝6時入港。
8時間しかないので、あまり寝れないが寝れるだけ寝よう。
なんせ、前夜殆ど寝てないから。





本日の走行距離:420km
使ったお金:朝食320円、昼食370円、夕食450円。 その他、418円。
        ガソリン代1120円。
宿泊料金:なし。
フェリー代:9450円(2等+バイク。Web割)

北海道ツーリング 1日目 我孫子~仙台

今回の北海道ツー、前から計画していたものではなく、前日に思いつきで実行した旅なのです。
まぁ、漠然と、夏に北海道ツー行きたいなぁ~とは思っていましたがね

それが8月29日、急に『ヨッシャ明日から北海道ツーに行こう』と思い立ったのです。
大雑把な計画を29日に立て、行きと帰りのフェリーのキップをネットで予約した。

夜、『明日から東北の方へツーリングに行く』とオヤジに言ったら、揉めた。
詳細は、こちら→ Mixiの過去日記
(MixiのIDをお持ちの方しか見れませんが)

北海道とは言わず、東北の方と言ったのは、北海道と言ったら腰抜かすと思ったから。
まー、八戸迄は東北を走ったので東北の方へツーリングはあながち嘘では無い。


さて、今回の北海道ツーリングですが、人生で4回目の北海道ツーリング。
北海道自体は、6回目。

1回目 1989年8月 22歳の時、VTZ250で初北海道!
当時、学生だったので、時間には余裕たっぷりだったのと、初北海道と言うことで、
有名所の観光地は一通り回ろうと、半月掛けて巡った。
今は無き東京港~苫小牧港のフェリーで上陸。
帰りは、函館港~青森港のフェリーで、青森からは自走。

2回目 1993年6月 26歳の時、社会人3年目。1週間の休暇を目一杯使ってGO!
この時は、松本市に住んでいたので、新潟の直江津港~岩内港で往復。
(この便はもう無い)
北海道は梅雨が無いというので、6月に休みを取って行ったが、運悪く前線の停滞で
道内5日中4日雨と言う結果に。

3回目 2010年7月 43歳の時、会社を辞め一時期フリーターをしていた時に。
バイクは1回目2回目のVTZではなく、グランドアクシス100と言う原付2種スクーターで。
50ccの車体に100ccのエンジンが載った奴なので、見た目はまんま原チャリ。
『これで来たの』と何人にも聞かれた。
行きは、仙台港~苫小牧港。
帰りは、苫小牧港~大洗港。

そして今回。
旅の出発は、まだ8月だったが、上陸したのは9月1日。
初の9月上陸。
今回は、八戸港~苫小牧港で行き、帰りは、苫小牧港~仙台港。


では、本編スタートします

8月30日木曜日 天気

前日、オヤジと揉めた挙句に渋々承諾された状態だったので、朝、顔を合わせて
またウダウダ言われても嫌なので、オヤジが起きる前に行こうと4時に起きた。
すると…ゲオヤジもう起きてるΣ( ̄口 ̄||)
全く、年寄りはどんだけ朝が早いんだ(´д`;)
4時半頃、オヤジがウォーキングに出掛けたので、その隙にそそくさと出発した

R6を北上。
本当なら、そのままR6を北上して仙台迄行きたかったのだが、
ご存知のように、いわき市の先は、放射能漏れの影響で立ち入りが規制されている。
R6はモロ原発の横を通るので行けない(´д`;)
回り道をしなければならないのだ

5時半頃、牛久のマックで朝マック。
お客、私1人。
平日のこんな早朝からマックに入る客はあまり居ないわな。

水戸市に入る頃には朝のラッシュが始まっており、だいぶ交通量が。
7時、水戸市突入 \(^o^)/
DSCN0806.jpg
水戸大橋を越え、県道を走り、R349へ。
どうせ迂回するなら3桁国道の田舎道を景色を楽しみながら走りたいからね( ^ω^)
R349に入ってすぐのシェル(セルフ)で給油。
今回のツーリング、給油は全てシェル。
ま、今回のと言うか、基本シェルで入れます。
だって、シェルのスターレックスカードがあるので。
レギュラーがリッター5円引きなのだ。
そしてセルフスタンドが好きなのでなるべくセルフで。
セルフが好きなのは、フルサービスの所だとイチイチ店員にカードを渡さなければならないのと
最後にサインをするのが面倒だから。
シェルのセルフはイージーペイというキーホルダーみたいなのがあって、
それをかざすだけで、『カードでレギュラー満タン』がインプットされてるので余計な手間が要らない。
当然最後のサインも不要。

しかし…何なんだここのセルフはヾ(*`Д´*)ノプンスコ!!
イージーペイが使えないではないか
しかも精算が給油機の所じゃなく、店内のレジで支払う方式。
中にわざわざ入って行って支払うんじゃ、セルフの意味無いだろっ
しかも対面方式だからサインも要求されて…セルフの意味全く無し
単に給油が自分でってだけ。

さて…では行きますか。
途中セブンがあったので入って500mlのお茶だけ買った。
NB商品の98円の奴。
なるべくお金を掛けないようにしたいので、極力自販機とかでは買わない。

天気は良いが、あ・暑い
北海道は涼しいかな~。
9月になるんだからもう向こうは秋なんだろうなぁ(´‐`)。оΟ 妄想中

道の駅さとみで休憩。
DSCN0808.jpg
端っこに、荷物満載のツーリングっぽいバイクが停まってる。
彼も北海道に行くのだろうか。
北海道を走るツーリングバイクは大抵山のような荷物が載ってるからね。

午前9時、福島県との県境。
DSCN0809.jpg

w(▼o▼)w オオ-! 早くも東北突入ですよ
しかしここからが長いのだ。
青森県は遥か先です。

矢祭町からR118へ。
道の駅はなわで休憩。
東北に入っても暑さは変わらん
ライダージャケットを着てるから汗が凄い

あぶくま高原道路玉川インターから高速へ。
( ̄0 ̄;アッ  今回、高速は基本乗らないことにしてます。
って、今、『高速へ』って言ったやん
ええ、有料の高速は乗らないんですけど、無料の高速は乗ります。
首都圏には無いから知らない人も居るでしょうが、地方には結構高速道路無料区間と言うのが存在します。
あぶくま高原道路は有料なんですけど、玉川~小野間は無料なのです。
その小野で降りた。

ここからR349。
国道に入ってすぐのミニストップへ。
まだ11時だが、朝食が5時半だったので腹が減って
ミニップは、中で食べれるのが有りがたいね。
バイクで動いてるとコンビニでの食事が結構困る。
車だったら、車内で食べりゃいいけど、バイクは外で食べることになる。
その点、ミニップは店内で食べれるから重宝する。

そして、どこだか忘れたが道に迷って、水田地帯に出た。
DSCN0811.jpg DSCN0812.jpg

この先、仙台の手前までずっとR349を行くのだが、気付いたら…あれ (o゜ー゜o)??
標識がR459になってる
何故???
ここは重複区間なのか?
いや、それだったら2つの表示が出てる筈。
まっすぐ来てるのに何故???
停まって地図で確認。
( ̄0 ̄;アッ  私のバイクにはカーナビなんてハイテクなものは付いていません。
どうやら、R349は途中で右方向に曲がっていたらしい。
そして直進が新たにスタートしてるR459だったらしい。
しかもその交差点が信号も無い小さな交差点。
そりゃ見落とすわな~。

余計な時間を食い、R349へ戻った。
道の駅ふくしま東和で休憩。
この後も田舎道をダラダラと走る。
ちょっと雨がパラついてきたΣ( ̄口 ̄||)
でもすぐ止むだろうとカッパは着ずにそのまま走る。
止んだ。

疲れたので休憩。
DSCN0813.jpg
橋の上から、県境の標識が見えた。
( ̄0 ̄;アッ もう県境だったんだ。
そして、14時ちょうどに宮城県との県境に到達ヽ(´∀`*)ノ
DSCN0814.jpg

DSCN0815.jpg

この辺、交通量が皆無。
国道なのに、ガラッガラ。
県境で記念の撮影をする為、数分停まっていたが全く車が通らない。
阿武隈川に沿って、北へ北へ。
柴田町でR4へ。
一気に交通量激増(屮゜Д゜)屮
仙台はさすが東北一の都会だわ。
手前の岩沼市あたりから国道沿いは店がいっぱい。
田舎な感じは無し。

仙台市に入り、シェルのセルフへ。
ここはイージーペイが使えたよo(^▽^)o
そして、今夜の宿なのだが…。
当初の予定では、石巻市の自遊空間へ行く予定だった。
翌日はR45で三陸海岸に沿って走るから。
しかし、石巻の自空は21時以降のナイトパックで入るつもりだった。
着く頃にはそんな時間になるだろうと。
しかし、仙台でまだ15時過ぎ。
あと1時間も走ればつくだろう。
夕方からINしたらナイトパックは使えない。
昼間のパック料金だと最大が9時間パック。
16時に入ったら午前1時迄、それ以降は朝まで延長料金になるからかなり高くなる。
それは困るなぁ。
携帯で検索。
仙台市内の自遊空間だと12時間パック2000円って所がある。
16時に入ったら4時迄か。
そこにするか。

仙台市泉区の自遊空間に16時、IN


本日の走行距離385km。
使ったお金:朝食350円、昼食518円、夕食890円。
        ガソリン代1222円+1221円。
宿泊料金:2000円(自遊空間12時間パック)
プロフィール

ぴぴ86

Author:ぴぴ86
日々の出来事ではなく、バイクで出掛けた時のことを書きます。主にツーリング記です。バイク歴は28年になりますが、大型二輪はH24に取ったばかりでこれが初の大型バイクです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

ウィーーン☆壮年壮女合走團
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR