スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道ツーリング 7日目 計呂地~釧路

9月4日のツーレポ。

※ツーレポ
本文中に出てくる今日とか昨日とか明日って言葉は、上記日付基準です。
これを書いてる今日基準ではありません。


昨晩は2人だけやったし、客車内は飲食禁止だったから、宴会も無く、早々に就寝。
夜明けとともに目覚めた。
朝焼けがキレイ~+。(*′∇`)。+゜
昨日は暗くなってから到着だったから、早朝周囲をウロつく。
国鉄時代のそのままに残してあるので、あっちこっちジロジロw
DSCN5408.jpg
この2両のうち、前側の1両が宿です。
中は、こんな感じ↓
DSCN5416.jpg
ここが一泊300円の客車内です。
DSCN5417.jpg
そして、こちらが、セレブな人が泊まる一泊500円の駅長室ですw↓
DSCN5412.jpg
バイクやチャリは、ここに停めます↓
DSCN5410.jpg
一応、夜露は凌げます(笑)
DSCN5413.jpg

駅長室にお泊りしたチャリの人は夜明けとともに出発したらしい。
1日で走れる距離が短いから、陽のある時間は無駄にせんのやね。
他のライダーはまだ寝てる中、俺は出発準備。
今日は、西から天気崩れるらしい。
函館は午前中から雨になるらしい。
道東も午後から夕方に掛けて降り出すと聞いてたから、降らないウチに走ろうと。
そして、今日は早めに宿に着こうと。
さあ、出発って時に、客車のオッチャンが起きて来た。
「もう出発ですかー?早いですねー」って言われたけど、折角の北海道ツー早朝から楽しまないと勿体無いよ。
自宅なら遅く迄寝てても良いけど、旅先で明るくなってるのに寝てるのは勿体無い。
DSCN5420.jpg

5時半出発。
サロマ湖畔のR238を網走方面へ。
早朝は、本当バイクと行き会わない。
みんな出発遅いんだなあ~(´・_・`)
DSCN5421.jpg

DSCN5422.jpg
浜佐呂間から、国道を反れて、15号線道路へ。
DSCN5426.jpg
丘陵地帯をアップダウンでひたすら真っ直ぐ。
DSCN5427.jpg
常呂で、再び国道へ。

能取湖沿いを走る。
並行するサイクリングロードがあるのだが、これが旧勇網本線。
昨晩泊まった計呂地駅もこの線にある。
走ってると視界の左にSLと客車が映った。
速攻Uターンε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘
旧卯原内駅だった。
DSCN5430.jpg
ここもホームと線路とSLと客車が残してある。
こちらはお泊りは出来ないようだが。
DSCN5431.jpg
ただ、鉄道記念館が併設されてるらしい。
まだ6時半だったので入れなかったけどw

と、ここでようやくツーリングライダーが通過。
早速、v(・∀・)yaeh!!

このまま、網走方面へ行く予定だったけど、そういや能取岬って行った事無かったな、と思って予定変更。
道々76号へ。
DSCN5435.jpg
能取岬周辺は牧場が一つあるだけで、周囲には民家無し。
DSCN5437.jpg

DSCN5438.jpg
そんな何も無い岬に着くと、東屋でテント張ってるチャリダーが居た。
すげ~(屮゜Д゜)屮
ここはキャンプ場ではないので、夜は街灯もなく真っ暗。
野生動物とか居るだろう場所で一人でキャンプってすげーわ。
DSCN5439.jpg

駐車場から岬まではちょっと歩くが行ってみた。
DSCN5440.jpg
大地の緑がいい感じ。
DSCN5444.jpg

DSCN5442.jpg
これで晴れてれば、空の青と大地の緑が最幸なんだろうな。
残念ながら今日は曇り。
まだ雨が降らないだけでもラッキーかな。
DSCN5445.jpg
手前がオホーツク海、奥が能取湖。


能取岬を後にすると、網走市街へ。
網走駅に行ったのだが、駅周辺のビジホから続々出発するバイクが。
みんなセレブだね~、ホテル泊多いんだな~。
そして、出発は今ですかい(7時半)。

さて、今日の目的ですが、一昨日途中で断念した駅巡りをやろうかとw
留萌本線全駅撮影のつもりで出発したが、六駅目が見つからず、
そのまま七駅目に行っちゃって断念したから、今度こそ行っちゃう?wって。
今回は、釧網本線。
網走駅から、東釧路駅まで。
留萌本線より距離長いのだが、今日は釧路で泊まるつもりなのでちょうど良い。

DSCN5446.jpg
網走駅を撮影して次の駅は、まだ網走の市街地にある、桂台駅。
DSCN5447.jpg
見つけたが、片側二車線の道の下りのカーブの途中にある(´・_・`)
その手前もカーブで止まるにはちょっと危険?って場所。
つうか駅前広場とか何にも無しで、道路からすぐ構内という。
後続車がいないのを見計らって、さっと停車してパッと撮って、サッと出発(^◇^;)

次は、鱒浦駅。
オホーツク海沿いの国道を走ってると中央分離帯の向こう側に発見。
その先まで行って、Uターン。
DSCN5448.jpg
ここは中々味のある駅舎でした( ̄▽ ̄)
こういうのがマニア心をくすぐる(笑)

続いて、藻琴駅。
DSCN5449.jpg
ここも味のある駅舎だなあ。
そして、駅舎内に喫茶店が入ってる。
駅というより、喫茶店だな。

次の駅に向かってると、向こうから列車が来たので、停車して撮影。
ローカル線なので中々列車には遭遇しないのだ。
DSCN5450.jpg

北浜駅。
DSCN5451.jpg
ここもさっきの藻琴駅に似てる。
駅舎の佇まいもそうだけど、ここも中に喫茶店が入ってる。

濤沸湖とオホーツク海に挟まれた国道をとにかく真っ直ぐ!
線路も国道に並行してる。
道路と線路以外、何も無い。
民家とかゼロ。
DSCN5454.jpg
そして、原生花園駅。
DSCN5453.jpg
こちらは夏期限定の臨時駅。

この先も、濤沸湖とオホーツク海に挟まれた国道をひたすら真っ直ぐ!
道の駅浜小清水が見えてきた。
そして、JR浜小清水駅も。。。
DSCN5458.jpg
ん?鉄道の駅と道の駅が、同じ建物になってるらしい。
そして、ここの駅に、雪国らしい列車が止まっていた。
DSCN5456.jpg
ラッセル車!!

ここから国道は内陸部へ入るが、俺は線路沿いの道を進む。
そしてこの道は、地元民の抜け道にもなってるようだ。
国道でも次の駅に行けるがやや遠回り。
そんな抜け道を走ってると、懐かしい標識が(屮゜Д゜)屮
DSCN5460.jpg
今は、電車マークだからね~。
昔は、みんなSLマークだったよね。
これは最近の人はSLに馴染みが無いからこれ見て、踏切を連想出来ないから、
電車マークに変わったらしいよ。

続きまして、止別駅。
DSCN5459.jpg
ここも、藻琴・北浜駅同様、駅舎の中に、喫茶店。

止別駅を出ると、次の駅迄は約10km。
国道に出てもいいんだけど、それじゃ詰まらんので、なるべく線路に沿った道を進む。
国道は飽きるからね(^◇^;)
最も、道々もここ迄来ると、真っ直ぐな道ばっかで飽きて来るけどw
DSCN5461.jpg
そして、またまた懐かしいものを見つけた(屮゜Д゜)屮
木の電柱!!
最近はみんなコンクリート柱だからw
昔は、電柱、木だったよね~。
そんな木製の電柱群。

網走市以来の大きな街に入った。
そこが斜里町。
DSCN5462.jpg
駅は、知床斜里駅。
アレ?昔は只の斜里駅だったような。
観光客誘致の為に、世界遺産の知床の名を入れたのか?

知床斜里駅を出ると、こっからは内陸部へ。
次は、中斜里駅。
DSCN5463.jpg
この辺から、国道に面してないので、勘と経験が生きて来る。
一応地図は持ってるが、細かい道は出てないからね(^◇^;)
線路と道路の位置を確認しながら、検討を付けて駅を探す。
駅なんて、標識見ればいいじゃん!と思われるだろうが、田舎の駅って、駅を案内する標識無い所が多いんですよ。
ほぼ地元民しか利用しないので、不要なんだろうな(; ̄_ ̄)=3

中斜里駅はかろうじて分かったが、次の南斜里が。。。
DSCN5464.jpg
駅舎も無い、ホームだけの無人駅。
しかも、周囲の集落が無い場所にあったので、最初行き過ぎた。
行くと、畑の中にポツンとあった。
誰がこの駅を利用するのだろう??

お次は、清里町駅。
DSCN5465.jpg
ここはやや大きいので、まあ分かり易かった。
それでも駅を示す標識は無し。
この辺かな?ってとこに来たら、交差する道のたびに、振り向いて確認。
駅っぽいのが見えたら、速攻曲がる。

駅のちょい先にセブンがあったので、入った。
メシを買う為…ではなく、LINEをする為。
前夜、グルチャ仲間に電話してあるモノの写メを送って貰うよう頼んでおいたのだ。
それを確認する為に寄った。
しかし、まだ送られて無かった…Σ( ̄口 ̄||)
なので、再度送って~とLINEでお知らせしたが、この後27時間後迄LINEが繋げられなかったと言うw
折角セブン入ったので、メシを買って、駐車場で食うことに。
が、ふと見ると、セブンなのにイートインコーナーがある(・Д・)ノ
これは有難い。
そこで食った。
車だったら車内で食えるが、バイクだと駐車場で地べたに座るか立って食うしかないからねえ。

次は、札弦駅。
DSCN5466.jpg
ここも、まあ分かった。
DSCN5467.jpg
そして、緑駅。
この次が、道路から離れる。
と言うか、今進んでる道は違う方向に行くので、もう一本向こうの道に行かねばならない。
都会だったら、簡単にもう一本向こうの道に行けるが、ここは向こうに行く道が無い!
一旦、街迄戻らないといけないらしい。

5km程戻って、もう一本向こうの道へ( ̄▽ ̄)
R391を走って、野上峠を越えて弟子屈町へ。
DSCN5468.jpg
峠を下ってくると硫黄山が見えて来た。
この山の麓の駐車場で25年前に撮った写真が、某マイミクさんが俺をイジるネタとしてる奴である。
またそこで是非同じポーズで撮って欲しいと頼まれていたが、スルー(笑)
今日は、駅巡り中なのでね( ̄^ ̄)ゞ

川湯温泉駅に到着。
DSCN5469.jpg
駅構内に足湯があるらしいが、今日は、午後いつ雨が降り出すか分からないので
あんまりゆっくりはしてられないってことで、パス!

お次は、美留和駅。
DSCN5470.jpg
この駅は、車掌車が駅舎になってる。
不要になった車両の再利用やね。
昔は、貨物列車の最後尾には必ず車掌車が着いていたが、今は無いからね。
全国で大量の車掌車が余ってる筈。

そして多分、釧網本線最大の駅と思われる摩周駅へ。
(始発の網走駅を除く)
DSCN5471.jpg
駅はデカイが閑散としてた。
もうシーズンも終わりの方やけんねー。

こっからは、ほぼ国道沿い。
南弟子屈駅。
DSCN5472.jpg
ここも元車掌車が駅舎。

磯分内駅。
DSCN5473.jpg
ここで駅を撮ってたら、列車が入って来たので、車両も撮影。
つうか、乗客がみんなこっちみてる(ーー;)
まあねえ、列車来てんのに乗らないでホームに立ってる人は珍しいだろうからね。
DSCN5474.jpg
(へ ̄|||| )ウーム・・・
画像が何故か縦になってしまう。
元画像は、ちゃんと横向きなんですよ。

そして、標茶駅。
DSCN5476.jpg
ここもまあまあ大きい駅。
客待ちのタクシーが止まってたが、数時間に一本しか列車来ないのに、
こんな駅で客待ちして、お客さん乗るの?

次は、五十石駅。
DSCN5477.jpg
ここ、地名と駅名が漢字は同じだけど読み方が違う。
地名は、「ごじゅっこく」で、駅名は、「ごじっこく」。
そして、ここも駅舎が車掌車。

茅沼駅。
DSCN5478.jpg
駅前に喫茶店が一軒営業してたが、周囲には人っ子一人居ない。
こんな場所で採算取れるのか?

塘路駅。
DSCN5479.jpg
駅に着いたら、何故か大型観光バスが1台停車しようとしてた所。
何でこんな田舎駅に観光バス!?
バスから乗客が降りてくる前に急いで撮らんと(屮゜Д゜)屮
案の定、その直後ゾロゾロ降りてきたジジババが駅周辺をウロウロ。
折角の鄙びた田舎駅なので、観光客が写らないように撮りたい。

そして、ああ!
とうとう雨が降り出した。
合羽着用。
降らないままイケるかと思ったんだが、ダメでした。

次と次の駅は、国道からだいぶ逸れる。
次と次の駅の先に、細岡展望台と言うのがあるので、そっちへ行く為の標識を頼りに、国道から脇道へ入る。
DSCN5480.jpg
先ずは、細岡駅。
ログハウス調のお洒落な駅舎。
その次が、釧路湿原駅なのだが、ここに通じる道は、車1台分の幅のダートを行く。
そして、確か以前は駅前迄バイクで行けた筈なのだが、いつの間にか途中にバリケードがしてあって、
「ここからは徒歩で駅へ行って下さい」って張り紙がΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
DSCN5481.jpg
環境保護の為なのか?
バイクを置いて、徒歩で駅へ。
DSCN5482.jpg
ここもログハウス調のお洒落な駅舎。
駅に行くと、如何にも鉄ちゃん風の若者が、列車待ち。

この先進んでも次の駅に行けるのだが、約8kmのダートを走らなければならないらしい。
それはしんどいので、国道に戻る。
DSCN5487.jpg
そして、遠矢駅。
ちょうど、列車が到着した直後らしく、お迎えの車が何台か来てた。
そんな中、バイクが来たもんだから、ジロジロ見られてヽ(´o`;

そして、ラスト、東釧路駅。
DSCN5488.jpg
これがまた分からなくてねえ。
ホームは見えるんだけど、駅舎が分からない(ーー;)
探しに探してやっと見つけた。
これで駅巡り終了~( ̄^ ̄)ゞ

今日のお宿に向かう。
今日は、レッドバロン釧路のバイクステーションにお泊り。
レッドバロンでバイクを買った人が泊まれる宿泊施設。
レッドバロンで買ってない人でも泊まれるが高い(・Д・)ノ
だったら、ビジホ泊まった方が良い。
会員は、2160円で泊まれます。
ライハに比べると割高な感じだが、洗濯機、乾燥機、シャワーが無料で、
部屋は個室なので、そんなに悪くはない。

バイクは、部屋の前に横付け!
DSCN5490.jpg


今日は、7~8人のライダーがお泊り。
談話室があるので、そこで喋ってる人も居た。
つうか、ここ釧路市街なのに、Wi-Fi入らないってどういうこと?
今日は、LINEとかmixiタブレットで出来るって思ってたのに。
結局、ネットはいつものガラケーのみ。
あとは、日記の下書きの続きをやってた。

そして、夕食は近くのコンビニ弁当。。。
しかし、一応、ご当地ものですヽ(´∀`*)ノ
釧路ラーメンと、ザンギ弁当。
DSCN5489.jpg


20時就寝。
スポンサーサイト

北海道ツーリング 6日目 旭川~計呂地

9月3日のツーレポ

※ツーレポ本文中に出てくる、今日とか昨日とか明日って言葉は、上記日付基準で書いてます。
これを書いている今日基準ではありません。


昨晩は、午前2時頃再び就寝。
5時過ぎ起床。
6時半出発。
チェックアウトして、ホテルの駐車場に行くと、バイクがズラ~り5台も(屮゜Д゜)屮
ビジホに泊まるライダーって多いんだね!
そういや、市街地を朝走ってると、ホテルからツーリングらしきバイクがよく出てくる。
ホテル泊ばかりのライダーも居るんだろうね。
俺は毎回、途中一回はビジホ泊まるけど、基本は、ライハ。
ライハ泊まってこそ、ロンツーの醍醐味だからw
DSCN5314.jpg
つうか、昨日、駐車場代500円取られたよな。
車が1台500円でバイクも同じ料金。
なのに、この停め方から行くと、ホテル側は、ボってないか?
同じ料金取るなら、1台分の枠にバイク1台だろ。
それかバイクは半額にすべし!


出発して先ずは、燃料を入れに。
成るべくシェルで入れたい。
カードあるから安くなる。
でもシェルって中々無い。
昨晩は、Wi-Fiが使えたのでネットで検索しておいた、シェルの場所。

給油したら、先ずは向かうは美瑛・富良野方面。
こっちは過去のツーリングで何回も行ってるので、今回はまだ行ってない所へ。
行く途中好物の田舎駅があったので、撮影。
DSCN5315.jpg
西神楽駅。
R452へ入り、更に町道へ。
DSCN5316.jpg

DSCN5319.jpg

DSCN5320.jpg
走ってると良い感じの丘陵地帯へ出たので、止まっては撮影。
DSCN5323.jpg
初めてダートも走ってみた。
脇のダートの奥に良い景色があったりするのだ(⌒▽⌒)
前は、フォーサイトだったからダートは苦手だったが、今のバイクはデュアルパーパスだから
多少のダートはヘッチャラ♪( ´▽`)
DSCN5322.jpg

DSCN5324.jpg

適当に走ってると、「マイルドセブンの丘」って標識が出て来たので行ってみた。
DSCN5327.jpg

DSCN5325.jpg

DSCN5326.jpg
その先にも、いい感じの景色が(ノ*´ー`)
DSCN5329.jpg
マイルドセブンの丘を横から見たところ。
DSCN5330.jpg

DSCN5334.jpg

DSCN5335.jpg

DSCN5336.jpg

更にそのまま奥に進んだら、またダートが出て来て、綺麗な景色に期待して、そのまま進んだら…
なんか失敗した。
只の林の中の道になって下ってく一方で、酪農家の脇道に出て来たw
しかもタイミングの悪いことに、大型トラクターが出動してこっちに向かって来た。
ギリギリの幅の林道でスライドしたが、トラクターのオッチャンに、ジィーーーーっとみられた。
そりゃそーだよな、地元民以外絶対使わないような道をしかも、山の方から降りて来るとか
コイツ何やってんだ?状態だよな。

酪農家の横からやっと大きな道に出たのが、道々580号。
DSCN5342.jpg
適度なアップダウンとコーナーで快適な道。
そこをズ~~っと行くと、有名な「ジェットコースターの路」へ来た。
DSCN5344.jpg
四年前に一度通ってるが折角来たので、また通ってみた。
DSCN5345.jpg
前回は、原付二種で走ったからか、凄い長く感じたが、今回はあっちゅー間だった(^◇^;)
DSCN5347.jpg

DSCN5349.jpg

北海道は、内地に比べて広大なので、大型バイクは移動が楽~♪( ´▽`)
ちょっとアクセル捻ったら、80,90km/h(^◇^;)
郊外の一般道は、どこも、なからこんなスピードで流れてる。
でも時間に余裕あったら、小排気量のバイクで周りたいね。
原付二種で巡った時は結構楽しかった。

ジェットコースターの路から道々に出たら、千望峠と言う展望台があるって書いてあったので行ってみたが、
ここまでが良い景色を見過ぎたせいか、あんまパッとしなかった。
それでも折角来たから、ボゥーっと眺めてたら、バイクの音が。
1台のツーリングバイクが入ってきた。
DSCN5355.jpg
バイクが止まってると何故かみんな近くに止めるんだよねw
如何にもジャンル違いのバイクのそばには止めないけど。
旧車會とか、走り屋とか、地元民っぽい原付とか。
ツーリング中ですって感じのバイクが居ると近くに止めちゃう(笑)

そして会話が始まる。
この辺りが車での旅との大きな違いだなっていつも思う。
車で旅したこともあるけど、駐車場で止めて、いきなり話し掛けたり話し掛けられたりっての無いもんなあ。
彼は、今日中に函館迄行くらしい(屮゜Д゜)屮
函館迄かあ!結構な距離だぞ。
気を付けて~♪( ´▽`)

富良野の街はもう何度も行ってるので、素通り。
R38で、帯広方面へ。
ここ迄ずっと曇りだったが、ようやく晴れて来た\(^o^)/
やっぱ天気良いと気分上がるね。
この後、狩勝峠です。
峠からは十勝平野が一望出来るビューポイント。
過去に通ったことあるが、雨で何も見えなかったから期待(⌒▽⌒)

その前に、道の駅南ふらのにIN!
DSCN5359.jpg
いや~快晴だわw
イイね!イイね!
気分良く、峠を登って行くと…あれれ?対向車にヘッドライト点けたのがチラホラ。
ま、まさか、これは!
…Σ( ̄口 ̄||) やっぱりィ~ヽ(´o`;
DSCN5363.jpg
頂上付近は、霧…である。
何にも見えません(ーー;)
ああああああ
DSCN5365.jpg

DSCN5361.jpg

峠を越え、麓の新得町へ。
ここに豚丼の美味い店があるらしい。
新得町は帯広じゃ無いけど、帯広に近い所で、同じ十勝平野。
DSCN5369.jpg
ここで、初めてご当地モノを頂く。
DSCN5368.jpg
美味かった☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

北海道と言えば、セイコマ!
と、あとひとつ…そう、ホクレン!
この北海道を象徴する2つのチェーン店が並んでたので、撮った(笑)
DSCN5370.jpg

ここからは、帯広方面には行かず、然別湖方面へ。
道々75号から、道々133号経由して、鹿追で国道274号へ。
DSCN5372.jpg
この一体は平野部なので、どの道も気が狂う位真っ直ぐ(;゜0゜)
DSCN5373.jpg
交差する脇道をチラっと見ても、そっちも死ぬほど真っ直ぐ(;゜0゜)
そんな中走ってると、前方に2台組のツーリングバイク発見。
暫く追走してたが、めっちゃ寒くて着るもの追加しようと止まった。
昨日は、気温30℃越えでめっちゃ暑かったのに今日は一転、めっちゃ涼しい。
出発から、ライジャケの下に、セーター着てたがそれでも寒いので、とっくりシャツを中に着た。
良かった、寒さ対策に二つ持って来といて。
やはり五回目の北海道ツーリングなので何が必要かだいぶ分かって来ました。
そして、要らないモノは持ってかない。
行った先で「(・_・)エッ......? 荷物それだけですか?」って言われた事が。
必要最小限のモノしか積んでないから、ロンツーの荷物の量じゃないらしい。

やっと寒くなくなって出発。
道々85号に入り、白樺峠に向かって上ってると、またも霧が出て来た。
狩勝峠の霧以上に凄い霧。
前が全く見えない(T_T)
途中扇ヶ原PAと言う展望台があったが、霧で何も見えないので通過ヽ(´o`;
下ってくるとまた霧は晴れたが、曇り空。
ナイタイ山麓の然別湖畔に到着。
DSCN5374.jpg

DSCN5375.jpg
そこに先ほど先行してた2台組のバイクが居た。
話し掛けようとするも出発する所だったようなので、そのまま。

一人でブラついた後、出発。
ここから暫く湖畔を走る道なのだが、北海道らしくない道幅は狭く、グネグネとカーブが連続する道。
DSCN5378.jpg
湖と別れる頃、晴れて来た。
その後に続く幌鹿峠は、ワインディングの続く本州っぽい峠道。
糠平で国道273号へ。

今度は、糠平湖に沿って走る。
こちらの湖畔道路は、先ほどの然別湖畔の道路と打って変わって、北海道っぽい直線道路。
DSCN5383.jpg

途中、タウシュベツ展望台に寄る。
ここは寄りたかった一つ。
鉄ちゃんには有名な場所です。
DSCN5385.jpg

DSCN5387.jpg
旧国鉄士幌線のコンクリートアーチ橋「タウシュベツ橋梁」が湖の向こうに見えるのです。
糠平湖の貯水量が増えると水没するので年中観れるわけではない。
ここに着いた時、またさっきの2台組のバイクが居た。
そしてまたも出発する所だったw
DSCN5388.jpg
遊歩道以外の場所は、何も手が入ってない森。
DSCN5391.jpg
そしてヒグマが出るらしいよ((((∪;゚ω゚))))ガクガクブルブル

両側に白樺の林が続く、糠平国道を走る。
DSCN5394.jpg

DSCN5395.jpg

そして、キタキツネに遭遇!
DSCN5396.jpg
北海道ツーリング中、一回は遭遇する。
結構、たくさん生息してるのかな?
鹿は一回しか遭遇したことない。

段々標高が上がって来て、いよいよ道内最高所の峠「三国峠」へ。
DSCN5397.jpg
峠の標高は、1139m。
DSCN5398.jpg
眼下に樹海が広がる圧巻の景色。
ここは、25年前初めて北海道ツーリングに来た時通って以来。
25年前のここは、国道だけどまだ未舗装で、大変な峠越えだったヽ(´o`;
峠の前後20km位がダートだった。
オフ車は、ガンガン走ってたけど、当時VTZだったのでおっかなびっくり通過した。
今は完全舗装でスイスイ。
そして、峠のてっぺんを見ると、早くも紅葉してる(屮゜Д゜)屮
DSCN5400.jpg
すげ~(;゜0゜)
もうちょっとしたら辺り一面紅葉が凄いんだろうな。
そしてそして~!!
またも着いたら、さっきの2台組のバイクが居た。
そしてそしてまたも、出発する所だったヽ(´o`;

ユニイシカリ川に沿って層雲峡方面に下る。
国道39号にぶつかったところで、右へ。
石北峠方面へ。
石北峠も標高が千m越え。
DSCN5402.jpg
1050m。
ここから、今日泊まりたいライハに電話。
最初、三国峠で掛けようとしたら、圏外だった(笑)
午後3時で、そこからなら2時間もあれば着きますよ~って言われて、良かった余裕だなって。

石北峠からの下りは、ほぼ真っ直ぐで先行する車列が100km/hで流れてるので、追走した。
この頃、リアタイヤに異変を感じていた。
車線変更するたびに、リアがヨレヨレする。
最初、路面の微妙な轍のせいかな?って思ってた。
留辺蘂の市街に入り、エネオスで給油。
リアタイヤを確認するが、タイヤは普通(に見えた)。
この先、コンビニ無さそうだったので、近くのセイコマへ。
今日の宿泊先は小さな集落なので、ご飯屋が全くないらしい。
来る前に何か買って来た方が良いですよと言われてたのだ。

30分ほど居て、さて、ライハに向かうか…と、バイクをバックさせると、異様に重い。
パーキングブレーキを引いたままのような重さだが、パーキングブレーキは解除してるし。
まさか?!
リアタイヤを見ると潰れてる(屮゜Д゜)屮
パンクだ!!アタヽ( ̄△ ̄ゞ=ヾ ̄△ ̄)ノフタ
やっぱさっきの違和感はこれだったんだ!
まだ完全なペシャンコでは無かったので、最寄りのレッドバロンに電話して、修理してもらう事に。
留辺蘂からだと北見が一番近い。
距離は20kmも無いと言う。
ユックリ50km/h位で走って、バロンへ。
あ~レッドバロンで購入してて良かったと思った瞬間。
旅先のマシントラブルは一気に不安になるから。
レッドバロンなら全国展開だから安心。
過去にトラブルで途方に暮れた事多々あり。・°°・(>_<)・°°・。
保険のつもりで、今のバイクはバロンで購入したのだ。

さて、パンク修理も終わり、今度こそライハへ。
17時にはライハ着く予定だったのが、まだバロンで17時。
急がないと陽が沈んでしまう。
日没後はなるべく走りたくないから。
一気に寒くなるってのと、夜間は動物との衝突事故も多いと聞いてるので。

店員さんに「どのルートで行けば早いですかね?」って聞いたら、
説明が始まったのだが、地図をどう見ても遠回りの気がする。
「そのルート本当に早いんですか?」と聞いたら、
「このルートは、景色が良くて、しかも流れも良いから楽しみながら早く行けますよ( ´ ▽ ` )ノ」って。
いやいやいや、こんな時間だから、楽しむとかどうでもいいんだわ!
早く宿に着きたいけん。。。
大体もう日没だから景色なんか見えんし。
店員さんは、遠方からのお客さんに楽しんで貰いたいって親切心で教えてくれたんだろうけど、
時間が時間なんだからちょっと空気読んで欲しいな。
で、最短ルートを聞いて出発。
しかし、教えてくれたルートも最短では無かったけどw
後でライハで聞いたらもっと早い道あるよって。

ライハには、18時過ぎ到着。
辺りはすっかり暗くなってました。
そして日没後はやはり一気に寒くなったので、グリップヒーターONにして走った(屮゜Д゜)屮
今日のお宿、ツーリングトレイン計呂地。
旧国鉄計呂地駅がそのままライハ。
駅長室と、客車とどっちか選べるようになってて、駅長室だったら500円。
客車だったら、300円なのだ。
俺は迷わず客車を選択したが、管理人さんに「おー!今日一人目の客車ですよ~」って言われた。
「あれ?表にはバイクや自転車止まってますよね?」って聞いたら、みんな駅長室にお泊りらしい。
500円の方なんて、セレブだあ(笑)

で、一人で客車に。
折角のライハなのに、一人か~。
まあいいや、じゃあ昨日今日の詳細日記の下書きやろうかなって思ってた。
とりあえず、夕方留辺蘂で買ったご飯を食べてた。
DSCN5407.jpg
因みに、これだけあって500円しないという(屮゜Д゜)屮
さすが貧乏旅の味方セイコマ!!

そしたら、1台のバイクが到着。
彼は、客車を選択したので二人になった。
このオッチャンがよう喋る人で、寝る迄ずっと喋ってた(^◇^;)

北海道ツーリング 5日目 小樽~旭川

9月2日のツーレポ。。

※ツーレポ本文中に出てくる、今日とか昨日とか明日って言葉は、上記日付基準です。
これ書いてる今日基準じゃないです。


昨晩は、1時に寝たのに、5時に起床。
まだみんな寝てたのでコッソリ出発。
チェックアウトは、いつでも勝手に出てって良いのがライハの基本。
そうじゃないところもたまにあるが。

DSCN5237.jpg
先ずは、近くの天狗山へ。
ロープウェイで上がるようになってるが、バイクは上がる道があるよって昨晩同宿の人に教えてもらったのでそこを目指したのだが道が分からん!
ロープウェイ乗り場までは来たがその先の道が分からん(´・_・`)
DSCN5238.jpg
結局、下って、今度は、毛無山へ。

こちらへは、ワインディングロードを通って行く。
地元ライダーが何台も朝練してるw
毛無山展望台到着。
DSCN5239.jpg
小樽市街を一望。
DSCN5241.jpg
港の向こうに見える、横一線の物体は、北海道遺産の突堤。
DSCN5243.jpg
山頂で、記念撮影。
DSCN5244.jpg
しっかし、今日は、快晴ですな~~(≧V≦)ノ
最高のツーリング日和ですな。
暫し、景色を眺め、出発。

小樽市街に戻り、洋館巡り。
明治・大正期に建てられた近代建築に大変興味あるのだ。
小樽は、洋館の宝庫。
歩きか自転車で全部巡りたいくらいだが、そうするとここだけで相当時間使っちゃうので、幾つか回っただけw
DSCN5247.jpg
これは、国鉄時代に廃線になった、貨物専用の手宮線跡。
DSCN5249.jpg
旧日本銀行小樽支店
DSCN5250.jpg
旧北海道銀行本店
DSCN5251.jpg
旧安田銀行小樽支店
DSCN5252.jpg
旧第四十七銀行小樽支店
DSCN5256.jpg
旧日本郵船小樽支店

巡ってる途中で、海鮮屋を発見。
ツーリングライダーらしきバイクが何台も止まってるので、「お!これは有名店か?」と行ってみた。
店頭のショーケースを覗くと…。
ウニ丼3400円、イクラ丼1800円など、ゲゲゲ!めっちゃ観光地価格やん!
こういう店は入らないことにしてる。
絶対こういう店って観光客向けだよな。
地元の人は来ないでしょ。
ウニ丼食いたいけど、3400円も出せるか!

そのまま出発。
R5から、銭函駅前通って、R337へ。
DSCN5261.jpg
この道は、札幌郊外を通って、留萌方面に抜ける道。
朝の通勤ラッシュ時間帯で車は多いものの、都内の渋滞みたいなのは無い。
途中から、更にR231へ。
暫くして、いでみつのスタンドがあったので入った。
本当はシェルがいいのだが中々無いし、この先ドンドン田舎になるので。
留萌まではまだ100km以上あるし。

給油して出発してすぐ、セイコマ発見!
北海道ツーリングっちゃあ、セイコマやね\(^o^)/
基本!基本!
DSCN5263.jpg
セイコマの惣菜で朝ごはん。

日本海に沿って、北上。
天気が良くて、海の青と空の青が最幸☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
しかし、ツーリングライダーが少ないなあ。
中々スライドしない。
v(・∀・)yaeh!! したいんだけどな~。
北海道ツーリングの醍醐味は、v(・∀・)yaeh!! にあると思っているから!

んで、この道、石狩国道って名称なんだけど、海沿いの景色抜群の道でそれはそれは良い道なのですね。
でも…新道がどんどん出来てるらしくて、海岸を離れてトンネルでのショートカット区間がそこかしこに。
まあね、ここを生活道路としてる人にとっては、新道はありがたいことなのですが、
ツーリングする方としては詰まらないわけですよ。
で、旧道をそのまま残しておいてくれれば、そっち行っちゃうんだけど、尽く、バリケードで封鎖されてる…Σ( ̄口 ̄||)
DSCN5265.jpg

DSCN5266.jpg

DSCN5270.jpg

そして更にやたらと工事で片側交互通行。
一体何ヶ所でやってんだよ!って勢い(屮゜Д゜)屮
ま、交通量は少ないので、イライラするほどのもんじゃないですけどね。
でもこのルート工事やってなければ走りやすいし、風光明媚で良い道です。
チョコチョコ対抗バイクが来るので、v(・∀・)yaeh!!

途中、島根ナンバーのBMW(バイクです)が2台抜いて行った。
あ!この2台同じフェリーに乗ってた人だ。

そして、増毛の街へ。
DSCN5271.jpg
増毛港

今日のツーリングで、留萌本線駅巡りをしようかと思ってた。
留萌本線って、そんなに長い区間じゃ無いのでやれそうかな~ってσ(^―^;)

※駅巡りとはなんぞや?
私の趣味の一つでして、鉄道の駅が大好きなんですね。
特に地方の駅が好きで、そういうところを巡るんですよ。
よく、秘境駅が好きでそういうところばかり行くって方がいますが、秘境には拘りません。
また駅が好きな人って、基本鉄道が好きだから列車で行くようですが、私は愛車(バイク)で行きます。
バイクである路線の駅を地図を見ながら、順番に巡って行って、撮影するのが好きなんです。


先ずは、留萌本線終着駅の増毛駅へ。
つうか最初、増毛駅が分からず、通過。
駅への案内標識が無いんだもん。
ここを利用する人は、殆ど地元民だろうから、標識は不要ってことなのか?

DSCN5273.jpg

DSCN5276.jpg

DSCN5278.jpg
駅前広場は、閑散としてる。
更に、駅横が砂利の広場になってて、そのまま構内に侵入出来ちゃう!
なんちゅう終着駅。
駅前旅館がいい味出してた。
DSCN5274.jpg
看板の字が、戦前。
さて、ここから一駅ずつ撮影なのだが、駅間距離が長い北海道にあって、
この辺は、やたら駅間距離が短い。
都内並み?!
そして、駅巡りするには、地図が大雑把過ぎて分からん。
ナビがあれば一発なんだろうけど、無いから地図が頼り…しかし、地図の尺度が(^◇^;)
つうことで、駅メグラーの勘と経験で走るw
増毛(ましけ)に続いて、
端別(はしべつ)
DSCN5279.jpg

DSCN5280.jpg
朱文別(しゅもんべつ)
DSCN5282.jpg

DSCN5283.jpg
舎熊(しゃぐま)
DSCN5284.jpg

DSCN5286.jpg
信砂(のぶしゃ)
DSCN5288.jpg

DSCN5289.jpg
ここまでは、順調だったけど、次の阿分(あふん)が見つからん。
そうこうしてる内に、一個先の礼受(れうけ)に来てしまった( ̄Д ̄)ノ
一個飛ばしちゃうともうやる気が無くなった(; ̄_ ̄)=3
DSCN5285.jpg
留萌本線の線路、こういう感じが堪らんな~(@ ̄¬ ̄@)ジュルリ♪

もういいや、駅巡り終了~( ̄▽ ̄)
そっからは普通にツーリング。
「黄金岬、左」の看板があったので、なんか分からんが行ってみた。
しかし、黄金岬がどこか分からんまま留萌港まで来てしまった(ーー;)
したら、地図に「珍しい女性型のデザイン灯台がある」って書いてあるのが気になって、行ってみた。
女性の銅像みたいなのが建ってて、その手のひらにデッカい電球のようなものが。
これが灯台なのか。。。
DSCN5293.jpg
感想…ふーん( ̄ー ̄)

留萌の街を抜け、深川方面へ。
深川留萌自動車道と言う無料高速があるので、それに乗って、一気に先へ。
実はこの区間、前回フォーサイトで来た時走ってるので、同じ道走っても楽しくないので、時短の為、無料高速でパス。

北竜ひまわりインターで墜落。
この近くに、北竜町ひまわりの里ってのがあるのだ。
100万本のひまわりが咲く広大なひまわり畑があるのだが、もう時季を過ぎている。
前回来た時行ったが、前回も同じ時季だったので、もう殆ど枯れてダメだった(; ̄_ ̄)=3

ツーリングマップルをみてると「萌の丘」ってのが気になったので行ってみた。
ここに至るまでの道も中々景色が良くて何回も止まっては写真撮った。
DSCN5297.jpg

DSCN5296.jpg

DSCN5298.jpg
前回辺りから、なるべく幹線道路は避けて人があまり通らなそうな道を積極的に走るようにしている。
こういう道で意外な発見があったりするからだ♪( ´▽`)
しかし、カーナビも無く、勘と地図だけを頼りに走ってるので、上手く辿り着けず行ったり来たり、なんてしょっちゅう(笑)
萌の丘も、幹線道路から来れば、案内標識が出てたのだが、脇道から進んで行ったので曲がる角が分からず、
結局幹線道路に出てもう一度行くと言うw

萌の丘、来たけど、感動がイマイチ。
DSCN5299.jpg
想像してたのと全然違ったから。
これのドラマみてたら違ったのかもね。
なんか、ドラマの撮影で何回も登場した場所らしい。
DSCN5301.jpg

DSCN5306.jpg

DSCN5307.jpg

DSCN5308.jpg

さてと、今日はどこに泊まろう。。。
基本、北海道ツーリングは、ノープラン。
当日、行き当たりばったりで決める!と決めている。
旭川辺りかな~( ̄▽ ̄)
でも旭川だとまだ早いよな。
もっと先進むか…どっち方面に?
(へ ̄|||| )ウーム・・・ 中々いい所が決まらない。
しかし、今日は、えっれえ暑い!
絶対30℃以上あるよな(; ・`д・´)
なんか暑過ぎて動く元気が無くなって来た。
昨晩、深夜1時に寝て5時起きだからな~(T_T)
眠いし暑いし、一人になりたい。。。
となると、ライハは無理。
ビジホだな(; ̄_ ̄)=3
旭川なら大きな街だから安いビジホもあるだろう…と軽く考えていた。

萌の丘を出たら、国道275号・道々98号を経て、旭川市街へ。
Wi-Fiの使える所~ってことで、セブンへ。
ルーターあるから、コンビニじゃなくても大丈夫なんだけど、
東京や大阪など大都市以外は、あんま入らないのだ。
でもコンビニだと大抵無料スポットが設定してあるので、使えるのだ。
早速じゃらんで検索するものの、安いビジホが無え(屮゜Д゜)屮
一番安くて、4200円!!
高っけーΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
俺の中で、ビジホ素泊まりは、3500円迄と決めているのだが(; ̄_ ̄)=3
地方のビジホは大抵安いから3500円以下が見つかるんだけどなあ(´・_・`)

結局他に見つからず、4200円のビジホに。
DSCN5311.jpg
更に、バイクも車と同じく1台分の駐車料金取られて合計で4700円(ーー;)
高いなぁ。

ビジホ近くのセイコマで昼食兼夕食を買った。
めっちゃ疲れてたんで20時前には就寝…したのだが0時頃起きたw
暫く起きてて、2時頃また寝た。

本日の走行距離:282km

北海道ツーリング 4日目 舞鶴港~小樽

9月1日のツーレポ

※ツーレポ本文中に、今日とか昨日とか明日って言葉が出てきますが、上記日付基準で書いてます。
これを書いてる今日基準ではありません。


出航は零時半だが、乗船開始は、23時過ぎから。
先ずはバイクから。
カーフェリー乗るといつも言われるんだが、ギアはローに入れてー( ´ ▽ ` )ノ
無理です!!
DCTなので、ギア入れたままエンジン切っても、切った瞬間勝手にニュートラルに戻るので。
じゃあ、坂道で停める時はどうするのか?
(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ ビグスクばりのパーキングブレーキが付いてるんです。
じゃあ、それ引けばいいんじゃん!ハイそうです。

DSCN5199.jpg
この船には、雑魚寝の二等船室が存在しません。
一番下のランクが、ツーリストAと言う寝台。
俺が予約したのは、コレ。
普段、カーフェリー乗る時は、寝台の一番安いのにするが、二等より3~4千円高い。
過去に雑魚寝の二等で乗ったこともあるが、はっきり言って寝れません。
ゆっくり休む筈の船旅が疲れて下船になります。
なので、必ず寝台を取ります。
今回は、寝台が一番下なので、料金が普通の寝台より安い(屮゜Д゜)屮
これは良い!
寝台だけで、3クラスある。
上のクラスは、個室寝台。

ツーリストAは、10人部屋で、部屋ごとの扉はあるが、中での扉は無い。
でもカーテンが付いてるから、個人の空間は保てる。
カプセルホテルみたいなもんだ。
DSCN5220.jpg
上下二段なのだが、互い違いに仕切りがあるので、上段の人は、下段の人の前から上がるのではなく、逆から上がる。
(へ ̄|||| )ウーム・・・ 上手く説明出来ないが分かるだろうか。
DSCN5221.jpg
そして、一番端だけは、上段が無いので、天井が上まである。
俺は、一番窓側なのでベッドの上で立つことが可能。
DSCN5222.jpg
同じ下段でも通常は、右側のように、天井が低い。

更に窓側だから、外が観れる。
DSCN5202.jpg
それ以外のベッドは、窓が無いから、自分の空間から外を眺める事は出来ない。

そして、通常カーフェリーは外のデッキに出れるものだが、この船は閉鎖されており外に出れない。
潮風を浴びるとか出来ないのだ。
中からしか見れないので、自分の空間に窓があるのは、かなり贅沢かも。

で、前のツーレポの最後にも書いた件、乗船すると、先ずはトイレに。
するとトイレの奥にコインランドリー発見!!
これはチャンス!
上陸したら洗おうと思ってたので、移動中に洗濯出来るのはかなりありがたい。
只、船内で洗えると思って無かったから、持って来てない。
慌てて、甲板に取りに行った。
出航したら、甲板は立ち入り禁止になるから。
無事、洗濯開始。
部屋に戻り、LINEやってた。
出航しちゃったら、やれないから。
船内にはWi-Fiは入ってない。
更に携帯の電波も届かなくなるからガラケーも使えない。
圏外になったままだと電池の消耗が激しいから、出航したらガラケーは電源落とした。
タブレットもルーターの電源をOFFに。
タブレットの電源は入れたまま。
オフラインで使いたい事があったので...( ̄ー ̄)ニヤリ

まあ怪しげな事をしたわけではなく、要はこれですよ、これ。
これ?
(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ 今書いてるこれですがな。
ツーレポを帰宅してから書くと詳細な内容を忘れてしまうので、
道中時間あるときに、少しずつ書き溜めていました。


さて、出航して程なくして、甲板の方から、ファンファンファンファンってクラクションが連続で鳴る音が。
どうやら盗難防止装置が作動してる模様。
ヾ(-_-;) オイオイ... 勘弁してくれよー(ーー;)
煩いんですけど。
暫くして鳴り止んだと思ったらまた鳴って、それを何度か繰り返してやっと止まった。
運転手を呼び出したのだろうか?
基本航海中は客は甲板にはおりられないんだけどね、これはさすがに煩いから止めさせたんだろうね。
今日は、ぐっすり寝るぞうって思ってたのに、またも6時くらいには起床。
旅の最中って、遅く寝ても早起きなんだよな~(^◇^;)

昼間は、ベッドで5656。
時々昼寝したり、明日からどっち方面行こうかな~とか。
北海道上陸後の宿迄はキッチリ計画しているが、それ以降はノープラン。
北海道ツーリングの時は、敢えていつもそうしてる。
ノープランの旅も北海道ツーリングの醍醐味だから。
ノープランと言うプランです(笑)

只、下調べはかなり入念にします。
どこへ行ってどうこうしてという下調べではなく、どこ行っても困らないようにこっち行ったら、ここに寄ろうとかここへ泊まろうとか、各地の自分が興味あることを調べておくのです。
でも実際そっちに行くかどうかは当日の気分次第なので、下調べしたものの行かずじまいも多いです(笑)
行かずじまいになったところも次回またその情報使えるから無駄にはならないです。
DSCN5741.jpg
こんな感じで。

あと、8月29日から今日迄の詳細ツーレポの下書きもしてました。
あとは、ここへ画像を挿入するだけです。

午前10時位に、小樽発舞鶴行きのフェリーとスライド。
DSCN5205.jpg
時折、アナウンスで見えるものを教えてくれる。
DSCN5208.jpg
日本最大の無人島、渡島大島とか。

DSCN5211.jpg
北海道の陸地が見えて来たので、『( ̄0 ̄;アッ ガラケー繋がるかも?』と電源ON!
アンテナ立った( ´ ▽ ` )ノ
溜まってたmixiのコメントに返信。
相変わらず、Wi-Fiは入らないのでタブレットでLINEは出来ないが。

18時過ぎ、日本海に沈む夕陽を眺める。
DSCN5215.jpg

DSCN5219.jpg
海に沈む夕陽って良いよねえ。
日本だと日本海に沈む夕陽だから、太平洋側に住んでると中々見る機会が無い。
(東シナ海に沈む夕陽も見れるぞ!と言うツッコミは無しで)

日没後は、入港までずっとベッドの所に。
乗船はバイクが先だったから、下船は最後かと思ってたら、先だった。
DSCN5230.jpg
ゲートが開き始める。
この瞬間が最高潮☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ
DSCN5229.jpg

DSCN5228.jpg
いよいよキタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!!!!
ってワクワク感が半端無え!!
何度味わっても堪らない。
タラップを降りると、北海道上陸。

降りたら、先の信号を…あれ?左?右?
ナビ無いし、信号待ちで地図出せない。
多分左だな?と曲がったが、大部分のバイクは右に行った。
あれれ(^◇^;)
でも皆向かう所が同じじゃないし。
そのまま進んでたがどうも違う気がしてきた。
なので、右折からの右折で、一本裏の通りを逆方向に。
またフェリーターミナルの近くまで来て、国道に出るものの、どっちに曲がると小樽駅方面か分からない。
そもそも小樽市街はどっち?
左が札幌で、右が余市って書いてあるがそんな事は分かってるんだよ!
背に海があるんだから、それ位の事は分かってる。
知りたいのは、小樽市街がどっち方向で駅がどっち方向にあるかってこと。
結局、左に曲がったがどうも違うっぽいから、またUターン。
そしてやっと市街地へ。
小樽駅の標識が現れたので、辿り着けた。

今日の宿泊、ライダーハウス。
DSCN5235.jpg
去年オープンしたばかりと言う新しいライハ。
一泊1500円也で、敷布団のみある。
掛け布団は無いので、寝袋で。
ライハってとこは、部屋の提供のみが基本なので、寝袋と銀マット持参は大前提。
稀に、ここみたいに布団が用意されてるところもある。
しかし、ホテルじゃないので、キチンと毎回クリーニングに出されてる感じはないので、
寧ろ掛け布団は要らない。
敷布団だけで良い。
自分の寝袋で寝る方が安心。

DSCN5234.jpg
ここは、ビルの下に、シャッター付の駐輪場がある。
ただ、傾斜した奥にあるので、バックで入れないと出る時大変になる。
しかし、バックで入れるのってこれまた結構大変。
押し歩きする人だとうまくやらないと倒しそう(´д`;)
俺は大抵跨ったまま移動するから。

どこのライハに泊まってもそうだけど、夜になると自然発生的に宴会が始まる。
今回は、夜に着いたフェリーで来たから、夕方から来てる客の酒盛りが既にスタートしてた。
そこに加わる。
今日泊まってるのはライダーが大半で一部チャリダーも。
そして、大部分が大学生と言う。。。
最近は、ライダー人口も減って、年齢層も上がり、若い人は減ってるのに、
ここは若いライダーばかりだった。

宴は、深夜まで続いたが、俺はもう眠かったので、1時に離脱。
寝ました(-_-)zzz

本日の走行距離:7km

北海道ツーリング 3日目 大阪~舞鶴港

これの前が1日目なのに、何故これが3日目なのか?
2日目はどこ行きんしゃったと?
(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ  2日目は、大阪市内でオフ会だった為、全くバイクに乗っていないのです。
なので省略しました。

では、
8月31日のツーレポ。

※本文中に出てくる今日とか昨日とか明日とかって言葉は、上記日付けの日を基準に書いています。
このツーレポをUPした今日基準ではありません。

さて、2日間に渡る大阪でのオフ会も終わり、電車で京都駅へ。

駅前の地下駐車場に降り、出発の準備。
地上に出たら、早速渋滞にハマった…Σ( ̄口 ̄||)
日曜やから通勤の帰宅ラッシュは無いやろうって思ってたけど、
やっぱ都会やねえ、車が多いわ。
R9で福知山方面を目指すのだが、亀山迄がとにかく混んどる(屮゜Д゜)屮
都内のラッシュ並み(; ̄_ ̄)=3
道の駅ガレリアかめやまで来て休んだのだが、そこに来る迄、24kmで1時間半Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
あー早くフェリーターミナルに着きたい。

でも、そこからはスイスイ。
次の1時間半では、70kmも進むと言う( ̄Д ̄)ノ
21時、ようやく舞鶴市街へ。
フェリーターミナルの数km手前のミニップで、パンやおにぎりを購入。
フェリーのレストランはめちゃ高だから(; ・`д・´)

21時半、フェリーターミナルに到着。
DSCN5193.jpg
既に30台くらいバイクの列が!!
DSCN5195.jpg
スゲー(・Д・)ノ
この時期でもまだこんなに乗るんだ!?
一昨年のちょうど同じ日に、八戸から苫小牧に渡った時は、7~8台しか居なかったのに。。。
出港地の違いなのかな。
苫小牧行きは、仙台や大洗からも出てるし、寧ろそっちから乗る人の方が多いかσ(^―^;)
舞鶴港から乗る人は、関西だけでなく、中国、四国、九州からもやってくるみたい。
西日本のナンバーばかりいっぱい居た。
そしてやはりと言うか、関東のナンバーは俺だけ。
関東発で、わざわざ舞鶴から乗る人は居ないからねえ。

乗船を待つ間、タブレットで暇つぶし。
mixiったり、LINEやったり。
前は、ガラケーのみだったから、こういう時の時間潰しが結構大変だった(^◇^;)

乗船時間が近づくにつれ、まだまだバイクが集まってくる!
乗船開始時間には、50台くらいは居た(屮゜Д゜)屮
DSCN5197.jpg
女の子の一人旅も居るようで、125ccのバイクに荷物満載の女性ライダーも居ました。
カッコイイ(((o(*゚▽゚*)o)))
でも、自転車で乗船する人は居ないねえ。
7月くらいだと、チャリダーも結構おおい。
学生さんの自転車旅が結構多かったりする。
9月だと、もう夏休みも終わってるし、自転車だと周り終わる頃には寒くなるだろうしね。

そして、23:15乗船開始!
DSCN5198.jpg
船内で必要な物だけ持って上に上がったのだが、トイレ入ったら、奥にコインランドリーがある!
これはチャンスだ(^O^)/
すぐ下に戻って、洗濯物取りに行って、洗った。
上陸したら、どっかで洗おうと思っていたからラッキー☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
船の中なら、移動中に洗える。


出航は、日付け変わって、9月1日。
出航は、零時半なので、このあとの話は、翌日分にて。

本日の走行距離:108km

北海道ツーリング 1日目 我孫子~大阪

8月29日のツーレポ。


※本文中に出てくる今日とか昨日とか明日とかって言葉は、上記日付けの日を基準に書いています。
このツーレポをUPした今日基準ではありません。


朝3時起きのつもりだったが、2時には起きてしまったσ(^―^;)
前の晩寝たの22時やけんまだ4時間しか寝とらんっちゃけど。
今日は下道で600kmくらい走るけん、もっと寝とかんといけんとやけどな~(^◇^;)

本日は、ツーリング初日ではあるが、ツーリングというより移動日です。
翌日、翌々日に大阪でBABYS&CREWのオフ会があるけんそれに参加してからの北海道なんです。
今日は、バイクで京都迄移動して、京都から大阪迄電車で行きます。
宿泊先が大阪なんですよ。
じゃあ何で大阪まで乗って行かんのか?
宿泊先のホテルがある場所は、大阪市西成区の所謂ドヤ街と呼ばれるエリアにあります。
有名なあいりん職安がすぐそばです。
ドヤ街のホテルは、貧乏旅する人には、実は結構穴場です。
この周辺は、表通りにずら~っとホテルが並んでいますが、どこも2千円前後で泊まれます。
そんな場所のホテルって、ヤバそうなオッチャンばっかりやろ?って思われるかもしれません。
ところがどっこい、意外と若い女性が多いです。
俺が泊まったホテルジパングは、じゃらんや楽天トラベルでも予約出来るホテルで、ユニバや大阪城ホールに近いってことで、女の子に人気あるらしいです。
今回二回目の宿泊だったけど、どっちの日もスーツケース持った女の子集団がいっぱい居ました。

で、まぁ、ホテルの中は治安悪くは無いんですけど、周辺は昼間っから酒飲んでフラフラしてるオッチャンや道端で寝てるオッチャンやらようけおるんであんま治安良いとは言えないw
そんな場所なので、バイクを置くことに不安がある。
近くの駐輪場も調べたが大阪市内やけん高い!
31日夕方迄停めといたら、5千円以上は掛かる(; ̄_ ̄)=3
それじゃ格安ホテルに泊まる意味が無い。
他地域を調べたら、京都駅前のアバンティの地下駐車場が1日400円で安かった。
京都駅前なら交通の便も良いし、地下駐車場だから盗難やいたずらの心配もあまり無い。
24時間稼働の駐車場なので常時係員がおるし。
と言うことで、そこに決定!
三日間停めとっても1200円。
京都から宿泊先の最寄り駅との往復が1800円、合わせても3千円なのでこっちの方がお得やし、安心(⌒▽⌒)

では、話を元に戻します。
朝2時に起きてしまったので、3時に出発に変更。
バイクを車庫から出し、荷物を積み、さあヘルメットを被ろうとしたその時…
被った耳元で、ブゥ~~~ン言う嫌な音。。。
蚊だっ!!(屮゜Д゜)屮
慌てて脱いで、払うもののまだ外は真っ暗で蚊が飛んでったかも分からん。
もう大丈夫かな?と被ったら、今度は頭のてっぺんら辺で……Σ( ̄口 ̄||)
またも慌てて脱いで、内装もめくって払う払う払う。
今度こそ大丈夫かな~?と恐る恐る被った。
しかしいつの間にか頭を刺されていたらしく、走り出してから痒い痒い痒い!
メットの中じゃ掻けないし。
出発からとんだトラブルだよ(; ̄_ ̄)=3
ロンツーっちゃあ出発時に何かトラブルが発生する。
DSCN5096.jpg

出発した時は、雨が降ったり止んだりのちょうど止んでる時。
このまま合羽着ずに走りたいなーと思ったけど願い叶わず。
松戸付近で強くなって来たので、合羽着用。
まだ暗い夜明け前の雨の水戸街道。
ここはホント深夜でも交通量が多い。
昼間?と錯覚するくらいの交通量の中進むが、夜の雨でペース上げられないから、東京抜けるまで、乗っかるかな…と高速利用。
首都高四つ木ランプから乗って、東名横浜青葉インター迄。
そっからは、下道、R246で。
横浜を過ぎると雨止んだ。
でもまた降って来るかもだから着たまま走る。
山北町あたり迄来て、もう降りそうに無いなぁ~って思ったので脱いだ。
しかし、脱いだら寒~い((;゜Д゜))ガクガクブルブル

今日は、8月とは思えない程涼しい。
合羽着てたお陰で防寒になってたようだ。
ライジャケの下には、セーターを着てるにも関わらず寒いのだ。
九月ともなれば、北海道寒いこともあるから、念の為、セーターと長袖を持ってきたのだが、
まさか出発からセーター着ることになろうとは( ̄▽ ̄)

ま、でも、我慢出来ない程寒いわけではないのでそのまま突き進む。
御殿場を抜け、沼津へ。
お腹空いて来たなぁ、朝マックしたいなぁ。
すき家とかもあったので、TKGと言う手もあったが、タブレットを店内で使いたかった。
車移動だったら、駐車場に停めた車内でやれるけど、バイクだと店内でやらないと。
そうなるとカウンターで食べるすき家だとやりづらい。
なので、朝マック。
しかし、出てくるマックがどこも右側。
中央分離帯があるのでどこかでUターンしないといけない。
そこまでして行くのが面倒くさいw
そのうち左にも出るら!って思って走ってたら中々無くて、富士市まで来てようやく入れた。
DSCN5099.jpg
ここで1時間位居た(^o^)
休憩を兼ねて、タブレットタイム。
DSCN5100.jpg
朝のラッシュが始まったR1BP、片側1車線区間は、渋滞してるのであまりすり抜けは得意じゃ無いがすり抜けで進んだ。
片側2車線区間は高速並みの流れ。
このルートは配達帰りによく使うので、ツーリングしてる感じが全くない(笑)
本当に只の移動(ーー;)

道の駅宇津峠でトイレ休憩。
5分程で出発。
掛川BP沿いのシェルで給油。
306kmで、8.8Lだった。
と言うことは、燃費34.7km/L w(▼o▼)w オオ-!
さすがは、低燃費が売りのNC700Xだわ。

愛知県に入り、R23へ。
23号沿いの道の駅で休憩。
DSCN5104.jpg
この辺まで来ると、もう暑いッス。
セーター脱いだ。
って言うか、8月だもん、本来暑いのが当たり前。
そして、2時起きしたのが祟り始めた。
めっちゃ眠い(-_-)zzz
信号待ちで寝そうになる。
そのまま立ちゴケしそう(笑)
そしてお腹もめっちゃ空いて来てどっか無いかな~って見てたら、ラーメン横綱発見!
横綱は、千葉県にも数店舗あるが、メインはこっちじゃんね。
横綱の餃子無料券がまだ残ってたな、ここにするか。
DSCN5105.jpg
ラーメンランチを注文。
ラーメンは大盛りで、ライスはついてくる、唐揚げと餃子を注文。
何とか食い切ったが、多すぎたσ(^―^;)
只でさえ出てるお腹が一段と凄いことに!

名古屋~四日市の区間は、昼間なのにラッシュ並みの交通量。
予定では15時には京都駅に着く筈だったのだが…。
15時にまだ四日市Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
こりゃイカン、このペースだと京都着は18時位か?
したら、ホテルは夜だな(; ̄_ ̄)=3
ちょっと急ごう ─=≡Σ((( つ•̀ω•́)つ
亀山インターから高速へ。
土山SAで給油して、京都東インターで墜落。
大津辺りから雨降って来たんやけど、もう合羽着とうないなぁって、何とか天気持ってよーって思いながらそのまま走った。
小雨の中、合羽着ずに走って、何とか到着です。
京都駅前なんて初めて走ったけど、事前にGooglemapで調べといたから、全く迷うこと無くすんなり行けた( ̄^ ̄)ゞ

つうか、自宅から京都迄一度も地図を見なかったと言うw
勿論カーナビを見ましたと言うオチではありません。
カーナビ装着してないんで。
長年の勘と経験だけで(笑)

地下駐車場にバイク置いてここからは電車移動。
DSCN5107.jpg
荷物全部持ってくのは大変なので、2日分の荷物だけ持って電車へ。
その為に、肩掛けカバンを一つ持って来てたのだ。
京都から、新快速で大阪へ。
大阪環状線に乗り換えて、新今宮駅下車。
外はガッツリ雨だあ…Σ( ̄口 ̄||)
でも傘無~い(T_T)
走って行った。
ホテルにチェックイ~ン。

DSCN5112.jpg
このように、ホテルからは通天閣が見えます。


本日の走行距離:574km


8月30日は、1日大阪でオフ会だった為、バイクでの移動が無いので割愛させて頂きます。
次は、『北海道ツーリング 3日目』に進みます。




プロフィール

ぴぴ86

Author:ぴぴ86
日々の出来事ではなく、バイクで出掛けた時のことを書きます。主にツーリング記です。バイク歴は28年になりますが、大型二輪はH24に取ったばかりでこれが初の大型バイクです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

ウィーーン☆壮年壮女合走團
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。