富士西湖キャンプツーリング

9月27日~28日

※ツーレポ中に出てくる今日とか昨日とか明日って言葉は、上記日付基準です。
これを書いてる今日基準ではありません。

昨日、今日と、キャンプツーリングに行って来ました。
俺が入ってるツーリングクラブのキャンツーです。
クラブツーリングは、5月のキャンツー以来なので、4ヶ月ブリブリ~。
クラブは、キャンプツーリングだけじゃなく日帰りツーリングもやってるのだが、
たまたま前回今回とキャンツーへの参加が続いた。

前回まで使ってたテントが狭くて、キツイので、今回は新調したテントで参加。
他にも前回参加した時、これはあった方がいいなってのをいくつか買って行った。

朝7時半出発。
DSCN7243.jpg
集合場所は、中央道石川PAに、朝9時半。
クラブのツーリングは結構早朝集合で、ガッツリ走るのだが、キャンツーのときは、
ツーリングよりキャンプがメインなので殆ど走らない。
キャンプ場を目指して、帰りもただ帰るだけw
リーダー曰く、『荷物満載のバイクでワインディングを楽しく走れないでしょ』だそうです。

まぁ土曜なのでそこそこ混むだろうけど、高速で行くし、2時間あれば…。
そしたら…自然渋滞は大体分かってる。
伊達に配達の仕事してないから(笑)
しかし、事故渋滞は予測が付かないΣ( ̄口 ̄||)

先ずは、八潮料金所~小菅JCTまでいつもの自然渋滞。
そしてC2へ。
こちらも、うん、まぁまぁ渋滞は予測済み。
しかし、山手トンネルに入ったら…。
大橋JCTの手前から渋滞するのは予測してたが、トンネル入った途端渋滞[m:246]
うっそ~~~ん、ここから渋滞~~[m:57]
暫く進むと、4トンがトンネルの壁面に突っ込んでた(屮゜Д゜)屮
事故渋滞だった。。。

そして、首都高4号線に入りちょっと行ったら、また渋滞Σ( ̄口 ̄||)
今度は、追突事故で車線規制(; ̄_ ̄)=3
もう…事故ばっか(´д`;)

その先も中央道入ったら、小仏トンネルで事故とかでその渋滞が、稲城インターまで繋がってて
すり抜けすり抜け(´・ω・`)
『バイクはすり抜け出来るから渋滞の時いいよね~』って言われたことあるけど、
渋滞のすり抜け、出来ればしたくないのだ。
アレって、凄く神経使うから(-д-;)
左右の車、どっちも注意しなきゃならん。
後ろも見ずに車線変更する車多いし。。。

何とか集合時間の15分前に到着~~。
しかし、参加予定の5人中、2人しか来てない(俺が3人め)。
そーか(屮゜Д゜)屮
渋滞で俺が遅れそう!!
ってことは、他の人も同じ条件だから、渋滞にハマってるのか!!
結局、4人目は20分遅れ、5人目は、40分遅れでやってきたσ(^―^;)
因みに5人目は、リーダーでした(笑)
DSCN72441.jpg

石川PAの前の道路は渋滞真っ只中なので、出発直後から渋滞で、またすり抜けε=ε= 。。(ノT-T)ノ
高速走行は、基本フリー走行がDDDのルール。
集合場所から次の休憩ポイントまではフリー走行。
谷村PAで休憩。
DSCN7245.jpg

河口湖インターまでまたフリー走行で、そこから隊列組んで。
キャンプ場は、富士五湖の一つ、西湖の湖畔。
しかし、めっちゃ天気良い週末だからか、昼過ぎ到着でもうほぼいっぱい。
DSCN7246.jpg
湖畔は満杯で、かろうじて開いてたエリアは、湖がちょっとしか見えない敷地の外れ。
でも、逆側は誰もテント張れないので、周囲をキャンパーに囲まれなくて良かったかも。
あと、炊事場とトイレが近い

そして設営。
皆さん、キャンプ慣れしてるから手際が良い。
サッサとテント張っていく。
俺は…、慣れてない上に、今回のテントは初設営。
一番時間掛かった。
最後はみんなが手伝ってくれて(ノ*´ー`)
これで手順は覚えたから、次回からは、自分でやれるな…多分。。。
DSCN7249.jpg

DSCN72471.jpg

完成~~(≧V≦)ノ
DSCN7254.jpg
これが俺のテント。
小さいけど、ちゃんと前室もあるのだヽ(´∀`*)ノ

他の皆さんのテントは、
DSCN7252.jpg

DSCN7253.jpg

DSCN7250.jpg

DSCN7251.jpg


設営したら、全員で河口湖町まで、食材とマキ、木炭の買出しに。
その前に、昼食。
行く途中にあったこちらの店で食べたのだが…。
DSCN7256.jpg
ロケーションは良いんですけどね~。
湖のほとりで。
DSCN7255.jpg
ここのオカミ?かな、正直ウザかったです(´д`;)
食事が来るまで、ずっと周囲の景色の説明をするんですよ。
写真とか出してきて一生懸命説明してくれるんですが、みんな観光で来たわけじゃなく、
仲間内で喋りたいのに、ず~~~っと観光名所の説明。
食事が出てきたら、『これは先ずツユに付ける前にそのまま食べて素材の味を味わってくれ』だとか
『ザルの位置は、右側です』とか『これは~』『あれは~』とか
とにかく注文が多い(屮゜Д゜)屮
最後に俺らを食う気かっ!?←分かって頂ける?

なんか食った気がしなかった(; ̄_ ̄)=3
どの客もこういうサービスをありがたいと感じるわけじゃないんだから止めて欲しい。
みんな、出たあと『あれはウザいよな~』って言ってた。

では、買出しへ。
先ずは、地元のHC『くろがねや』へ。
マキと木炭を購入。
DSCN7258.jpg
そして、マックスバリューへ。
肉、肉、肉…。
おっさん5人だから、いっぱい食うからね~~。
そして、酒、酒、酒…。
これまたいっぱい飲むからね~~。
買出し終了で、キャンプ場へ戻る。

戻る途中、前方に真っ赤なペッタンコな車が見えた。
ん?フェラーリか?
w(▼o▼)w オオ-!
ランボルギーニカウンタックだあああ!!!!

テンションア~~~~ップ!!!
スーパーカーブーム世代ですから、もう大興奮ですよ!!
同じ世代の他のメンバーも大喜びだろうと思ってて、キャンプ場着いてすぐ
『さっき、カウンタック居ましたね!!』って言ったら、『あ~、なんか赤い派手な車いたね』
って、あれ??? (o゜ー゜o)??
テンション高かったの俺だけだったらしい( ̄▽ ̄;)

さて食材も買ってきたので、次は風呂です。
DSCN7259.jpg
買って来た食材は、放置w
この辺りが、日本だよな~~。
外国でこんな状態、あっちゅー間に持って行かれるだろうなぁ(-д-;)

風呂は、キャンプ場の隣りにある日帰り温泉施設へ。
DSCN7261.jpg
割引券をキャンプ場で貰ったのでそれを持って行ったのに、一人800円(・_・)エッ......?
高っけ~~(´Д`υ)
松本周辺の温泉は大抵500円だよ!
割引なしで。

風呂から戻ってきたら、宴会スタート(≧V≦)ノ
宴は、0時すぎまで続きました。
テントは、前のより良い奴にしただけあって、快適。
前より格段に空間が広い(≧V≦)ノ

朝までぐっすり…とは、行かなかった(; ̄_ ̄)=3
寒い((´д`)) ぶるぶる・・・さむ~~
気温がかなり低くて、寒くて何度も目が覚めた((((∪;゚ω゚))))ガクガクブルブル

西湖は、標高900mらしい。
DSCN72631.jpg

DSCN7264.jpg
朝起きたら、前日買っておいたカップ麺と、メンバーの一人が持って来てた
パン焼き器具でハムチーズサンドをトーストしてくれてそれらを食った。
DSCN7267.jpg
キャンプ場は、こんな感じです。
DSCN7265.jpg
湖沿いがやっぱ人気で、早々に埋まる。
DSCN7266.jpg
11時チェックアウトで10時半くらいまでマッタリしていた。
DSCN7269.jpg

DSCN7271.jpg
昨日に続き、今日も快晴!!
富士山がキレイに見えますよ。

帰りも中央道。
日曜午後ともなるとまた小仏トンネルを頭に渋滞が始まるのでソレ前に抜けましょう!
と言ったのだが、みんなノンビリしてて。
談合坂SAで休憩。
まだ渋滞はしてないが流れが悪くなってる。
次は、石川PAで休憩するって言いながら、まだ談合坂SAでダベってる。
いやいや、だったら早く行こうよ。
あっという間に渋滞の列伸びるんだから~~~、もうすり抜けしたくない~~。
この危機感の無さは…。

早く石川行きましょう!と促してやっと出発。
小仏トンネルの中は渋滞し始めていた。
これがあれよあれよと渋滞20kmとかになるんだから。

そして石川PAで解散。
16時半、帰宅。

今回の走行距離:355km
スポンサーサイト

北海道ツーリング2014 まとめ

今回の旅は、8/29~9/8の11日間で行って来ました。
但し、最初の3日間は、大阪で行われたオフ会に参加する為だったので、
北海道ツーリング自体は、8日間。
そのうち、9/1と9/8は、移動日の為、実質、9/2~9/7が北海道に居た期間。

全走行距離は、2664km。
ウチ、道内での走行距離は、1590km。

給油は、10回・64.5L。
単純に、走行距離から給油量を割ったのが、燃費にはならないけど、
まぁ大体の数字はそこに近いかなと。
 
で、上記数字で出してみた。

2664km÷64.5L=41.3!!

41.3km/L (゚Д゚;;)
マジ!?!?Σ(゜Д゜;≡;゜д゜)

いや、確かにNC700は燃費の良いバイクだけどさ、
普段から30km/Lを割ることは無いけどさ。

まぁ、ほぼアクセル一定で走れる区間ばっかだったからね~。
カタログにある60km/h定地走行燃費のDATAみたいσ(^―^;)

でだ!
旅で、掛かる三大費用!!
燃料代!
宿泊代!
食費!

ん?高速代は?
俺、基本、高速乗らないので、そんなに掛からないのです。
ツーリング時の高速は、時間が無い時の緊急移動と捉えてるので、
普通に走るんだったら、高速は乗らないんです。

つうことで、次は、宿泊費。
8/29 大阪・ホテルジパング       1750円
8/30 大阪・ホテルジパング       1950円
8/31 新日本海フェリー         19240円(人+バイク)
9/01 小樽・ライダーハウス小樽    1500円
9/02 旭川・旭川プラザホテル      4700円
9/03 計呂地・ツーリングトレイン計呂地 300円
9/04 釧路・バイクステーション釧路  2160円
9/05 帯広・大正カニの家         無料
9/06 苫小牧・苫小牧グリーンホテル 4200円
9/07 太平洋フェリー           18100円(人+バイク)

フェリーを宿泊代に入れたが、交通費とするのが普通なのかな?
でも移動ホテルと考えれば、宿ってことで ...( ̄ー ̄)ニヤリ

宿泊費合計:53900円
フェリー代は、別格として、残りのちゃんと泊まった分だけだと、
1泊平均は、なんと2070円!!


そして、食費!!
基本、グルメ旅ではないので、食費は必要経費程度にしか掛からない。
ご当地グルメをなんとしても食べないと気が済まない!とか、
折角他所の土地に来たんだから、美味しいものを食べないと!とか
そういう気持ちが全然無いσ(^―^;)

ま、これはソロツーリング(一人旅)の場合です。
2人旅(相手居ないけど)なら、食にはある程度重点をおきます。
食事を共感出来る相手が居れば、食事も楽しいから。
でも一人旅で、一人で黙々食べるには腹が満たされれば充分。
なので、遠くに行っても、普通に、すき家とかマックに入ります(笑)

ただ、北海道行った時は、セイコマをメインに入りますが。
セブンとかローソンは極力入らない。
ご当地ものは、十勝豚丼と帯広六花亭と、海鮮系を1回ずつ食べたくらいかなw
レシ-トが残ってないものもあるから、ハッキリした金額は分からないけど、
道内では、1万5千円くらいしか使ってません。

大阪オフ会のときは、自分の意志ではなく、みんなで決めた店に入ってたので
一回あたりの食費はだいぶ高くなりましたが( ̄▽ ̄;)


DSCN5742.jpg
結局、全部合わせて、現金で払った分、カードで払った分合わせて、
10万くらいです( ̄ω ̄) ←何それ?!超~アバウト!!

DSCN5741_20141015172527b0a.jpg
俺は、ロングツーリングの際は、いつもこういうの作ってます。
一旦旅に出ると、出先でネット検索が中々出来ないので、こうやって紙に自作の地図を書くんです。
あと、これを書くことによって、結構暗記しちゃうんですよね。

北海道ツーリング 11日目 (苫小牧)仙台~我孫子

9月8日のツーレポ

※ツーレポ本文中に出て来る、今日とか昨日とか明日って言葉は、上記日付基準です。
これを書いている今日基準ではありません。


さていよいよ最終日。
今日は、仙台港10時下船で、下道で帰るだけ~。
ツーリングというより、移動ですね(笑)

というか、何故、苫小牧~大洗のフェリーで帰らないのか?
って聞かれた事があります。
いつも、苫小牧~仙台なんですよね(笑)
理由は、経費節約w
仙台行きの方が、大洗行きより、7千円も安いんですよ。
でも、仙台から、高速で帰ったら、大して変わんないじゃん!とも言われた事があります。
高速?使うの前提発言ですか?
俺は、高速は極力乗らない派なのでσ(^―^;)
どうしても時間が無い時か、何人かのマスツーの時しか乗りません。
下道ならガソリン代だけなので、大洗下船より余計に走る分考えても5千円以上は浮く

という訳で、本題で戻りますヽ(´∀`*)ノ
太平洋に昇る日の出を見たいな~って思ってたけど、日の出は、5:06だとか。
という事は、4時半過ぎには起きてないといけないのだが、夜中目が覚めて
1時半くらいから3時過ぎまで起きていたので、4時半に起きるのはキツいな~(´д`;)
ということで、パスσ(^―^;)

起きたら6時半でした。
外は、薄曇りの天気。
風も無く、穏やか。
DSCN5717.jpg

DSCN5716.jpg

暇なので、船内をブ~ラブラ♪
DSCN5718.jpg

10時入港。
甲板に降り、下船の準備OK。
DSCN5719.jpg
バイクは乗船のとき最初だったので、一番奥。
なので先ずは、乗用車が出て行く。
しかし、乗用車あと2台のとこまで来たら、逆側のトラックを誘導し始めた。
ヾ(-_-;) オイオイ...  なんでこっちはここでストップなんだよヾ(*`Д´*)ノプンスコ!!
と乗用車の方を見たら、ドライバーが居ない(屮゜Д゜)屮
2台のウチ、後ろの車は乗ってるが、前の車が無人!
だから、向こう側から先になったのかΣ( ̄口 ̄||)
つうか、下船始まってるのに、この車のドライバーは何やってんだ!?

出れない後ろの車とバイクは、そのドライバーが来るのをジっと待つ。
向こうから、荷物抱えた人が歩いてくる。
どうやら、その車のドライバーらしい。
みんな『早くしろよ!』オーラ出しまくってて、ようやく自分の車が邪魔で降りれないことに気付いたらしい。
走り出して、頭ペコペコやってる(´・ω・`)

その車が、ようやく動き出したとき、その車のせいで出れなかった後ろの車の人、
相当イラついていたようで、ぶつからんばかりにベタ付けのまま、追走してった(゚Д゚;;)
2台の車が出て、ようやくバイクの下船開始。

10:15仙台、上陸。
他の車、バイクの殆どは、フェリーターミナルを直進。
国道4号方面へ行くようだが、俺は今年はもう10回以上仙台来てる(仕事でね)ので
だいぶ道を覚えました。
まっすぐ4号になんか出ないよ。
左折して、県道10号方面へ向かった。

そうそう!!
今回、大阪まで行くのに、中部ツーリングマップルを
北海道回るのに、北海道ツーリングマップルをそれぞれ持って行ったが、
仙台から自宅までの地図は持って来なかった。
まぁ、見なくても帰れるだろうと思ったのでσ(^―^;)

こちらは、市街地を通らず、信号もそんなにないので走りやすい道なのだが、
今は災害復興のダンプがやたら走ってるから、土砂満載のダンプの後ろに着くと、ずっとノロノロ。
でもまあ仕方が無いね。
復興に携わってる人、ご苦労様やけんね。

亘理町で、県道38号へ。
こちらは、先程の県道10号より海側を走るので、津波被害が一段と凄い。
DSCN5720.jpg
道路の両側は、見事に何も無い(屮゜Д゜)屮
たまに自販機が設置されてるくらい。
DSCN5721.jpg
ちょっと前に配達帰りに夜走ったが、街灯も何もないから真っ暗(・ω・)ノ
ライトの照らす範囲以外に明かりが無い。

本来なら、このまま福島県相馬市まで行けるのだが、県境の先は、今でも通行不能。
DSCN5722.jpg
この数十m先から、関係車両以外通行止めなので、Uターンした。
そして、
DSCN5723.jpg
こっち側も、撮影。
知らないで、ここまで来ちゃう車は他にも居るようで、ここで県境の写真撮ってたら、
一般車両とおぼしき車が来て、Uターンしてった。

なので、ここからR6へ出る。
6号も、東京迄このまま行けるわけではないから、長距離トラックとかが全然居ない。
この先、浪江町から災害通行止。
なので、山側に迂回する。
相馬市から南相馬市迄1区間だけ常磐道がある。
1区間だけだからなのか、ここはずっと無料区間になってる。
ここを通り、南相馬市へ。
インター降りたら、市街地へは行かず、山の方へ行く。
県道12号で、飯舘村へ。
飯舘村も原発事故当初避難区域だったので、解除になった今も戻って来てない人が多い。
道は普通に走れるが、沿道の店とか会社はシャッターが降りたまま。
歩いてる人も皆無。

川俣町に入り、R349へ。
原発事故以来、仙台との往復はいつもこの国道を使ってる。
三桁国道だが、ちゃんと整備されてるので走りやすい。
小野町まで下ると、あぶくま高原道路に乗る。
ここ殆どが無料区間の高規格道路。
これで一気に玉川村まで行くのだが、猛烈にオシッコがしたくなり、平田インターで降りて、すぐ近くの道の駅へ。

しばし、休憩。
休憩中、翌日の依頼の電話が来た。
再び、あぶくま高原道路に乗り、玉川インターまで。
そこからは、R118で南下。

塙町のシェルで給油。
このスタンドの隅に、中々シブい330が停まってた。
DSCN5729.jpg
スタンドの従業員の車らしい。
写真撮らせてもらった。
矢祭町で、R349へ。
この辺みんな結構飛ばす(゚Д゚;;)
80km/hくらいで山間部の道を走る車たち。

道の駅さとみで休憩。
(へ ̄|||| )ウーム・・・夕方になってしまった。
このペースだと自宅着は、夜だな~~、それも20時とか21時とか。
翌日の依頼がもう入ってる。
明日は、5時から仕事だから、あまり遅く帰りたくない。

水戸辺りから、乗っかるかな(; ̄_ ̄)=3
那珂インターから常盤道へ。
仕事入ってなければ、最後まで下道で行ったんだが(; ̄_ ̄)=3

この辺まで来ると、めっちゃ疲労感が(´д`;)
ガッツリ休憩したいけど、でも早く帰りたい。
でも、キツい(´д`;)
ということで、美野里PAでちょっとだけ休む…。
まだまだ休んでいたかったが、ここで休むより早く家に帰って、ゴロンとしたい。

谷和原インターで墜落、R294へ。
俺は取手方面だが、水海道方面が大渋滞(屮゜Д゜)屮
ここってこの時間、そっち方面そんなに混むの?!
普段通らないから知らんかった。

もうちょっとで家ってところで、雨が降り出した。
あわわわ…
も、も、もうちょっと待って!!
そのまま進んで、
家に着いたのは、18時半~。

つっかれた~~~~~(ノд`)゜。


本日の走行距離:392km

北海道ツーリング 10日目 苫小牧~苫小牧?

9月7日のツーレポ

※ツーレポ本文中に出てくる今日とか昨日とか明日って言葉は、上記日付基準です。
これを書いてる今日基準ではありません。


今回宿泊したビジホは、朝食付きなので朝ごはんを食べに~。
DSCN5594.jpg
パンとコーヒーとスープだけという質素なモノだが、お代わり自由なので
パン7個も食べてしまったΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
何せ前日、チェックイン前に食べたあと何も食べて無かったので。
16時間振りの食事。

今日はゆっくり朝8時の出発。
先ずは、白老町で開催のバイクイベント『BIKEJIN祭り』に行く。
このイベント、関東で何度かやってるの知ってたが行ったことは無かった。
今回行ってみたのは、最終日苫小牧港周辺に早めに行こうと思ってたので、
近くであるみたいだからじゃあ寄ってみようかなと。

実は、バイク乗りのくせにバイク系イベントにあんま興味が無いw
車のイベントは大好きでよく行くのにね(笑)
俺は、車もバイクも大好きだが、興味の対象が全然違う。
車は、車そのものが好きなので、車を見る為のイベントに行きたくなるが、
バイクはツーリングすることが好きなだけで、バイクそのものにはあんまり興味が無いw
新型とか他人が乗ってるバイクとか正直あまり興味無い(^◇^;)
改造車は好きだが、改造バイクには興味が無いw
そんな感じです。
だから今回行ってはみたが、興味を引くものが特になく、ブラっとみて回ってすぐ出てきた。

9時半開始だったらしいが、9時からだと思ってたので、8時にホテルを出たのだ。
ホテルから会場までは、約30km強。
30kmあるから1時間みといて~ってのは、内地の感覚だよな(ーー;)

白老町に入ってから、SLが展示してあるのが見えたので、行ってみた。
DSCN5595.jpg
これを撮ってたら、汽笛が聞こえて、すぐそばの室蘭本線を列車がやってきた。
ん?ああーーー(屮゜Д゜)屮
こっこれは!!
トワイライトエクスプレスじゃないかーーー!!!
DSCN5597.jpg
あぁ(´д`;)
通るの知ってれば、ちゃんと待ち構えたのに(; ̄_ ̄)=3
あと、こんなのが停まってたので、撮った。
DSCN5600.jpg
なんか、北国っぽい機関車だったので。

そんな寄り道をしたにも関わらず、8時半過ぎには到着しちゃった。
DSCN5603.jpg
会場は、こんな場所『日本航空学園 白老滑空場』
 
開始1時間前だがそれでも既に数百台のバイクが来てた。
DSCN5602.jpg
その後も続々到着。
DSCN5607.jpg

DSCN5608.jpg

DSCN5626.jpg
始まる9時半には、千台以上は来てたと思う。

始まる前、駐輪場では、メディアの取材も。
DSCN5605.jpg

DSCN5633.jpg
一通り会場内を見て回ったが、特に興味を引くものが無かったので30分位で出てきたw
それでも幾つか写真は撮った。
あと、車のイベント行った時に恒例の『来場者の愛車拝見』は、やった(笑)
珍しいバイクや、目を引く改造バイク、懐かしいバイクなど撮ってみた。
DSCN5647.jpg DSCN5629.jpg

DSCN5618.jpg DSCN5649.jpg

DSCN5644.jpg DSCN5655.jpg
10時過ぎ、会場を後にした。
まだ、会場に向かってどんどんバイクが来る。
最終的には、何千台集まったのだろう?

さて会場を出たは良いがどこ行こう。。。
夕方迄には苫小牧港に行かなきゃなのであんま遠くには行けない。
つうか、燃料があまり無いので先ずはどっかで入れないと。
会場に着く迄に入れたかったがシェルが無かった。
シェルスタンドを探して、室蘭方面に進む。
登別市迄来た所で、駅への標識が見えたので、駅に行ってみた。
DSCN5665.jpg
駅の写真撮ってると、オッチャンに話し掛けられた。
ツーリング中、オッチャンに話し掛けられる事がよくある。
車旅だとこういうの先ず無いんだけどね。

オッチャンと暫く喋った後、別れ際にどっかこの辺で海鮮系の観光地価格じゃ無い店知らないか聞いたら、
オッチャンは札幌の人で、登別には毎週末だけ来てるからあんま知らないって言われて
「あ、そこの店の人、知ってるから聞いてあげるよ」って言われて聞いてくれた。
俺が、ウニ丼3400円とか、イクラ丼2千幾らとかそんな店しか無いって言ったら、
今原価が凄く高くなってるから、地元メシでも安くないよって言われた(・Д・)ノ
それでも、ここ辺は無いけど、苫小牧の市場近くのマルヨシって水産屋がやってる食堂は地元じゃ有名な店だよ~って教えてくれた。

そこに向けて走ったが、もうめっちゃお腹空いてて…(へ ̄|||| )ウーム・・・
そこまで持つかな~って思いながら走ってたら、マルヨシ水産の看板が(;゜0゜)
まだ苫小牧じゃ無え!
支店??
同じ名前だったのでそこに入った。
DSCN5669.jpg
しかし、如何にも観光客相手の店(^◇^;)
観光バスが次々入って来るし。
つうか中国人の団体ばかり。

ま、でも、めっちゃお腹空いてたのでここで良いやって入った。
メニューみると、こないだ小樽でみた観光地価格よりは若干安い。
その中でも量がそこそこあって、比較的安い「イクラ丼と海鮮ラーメンのセット」と言うのにした。
安いと言っても、1800円だが(・ω・)ノ
昼ご飯に1800円とか!
イクラ丼は、小さなドンブリで、あぁやっぱ観光地…って感じ。
DSCN5666.jpg
海鮮ラーメンは…これが意外とボリュームあった(屮゜Д゜)屮
これで充分お腹いっぱい!
もっとも1800円も出してるんだからお腹いっぱいになってくれないと!

外に出て、バイクに乗る準備してると、中国人観光客が寄ってきて、何の断りもなく
至近距離でこっちにカメラ向けてバシバシ撮る。
中国人のこういう図々しさが嫌い(♯`∧´)

マルヨシを出ると、後どうスっかな~って。
このまま苫小牧港行ってもまだ早すぎる。
支笏湖の方、グルっと回って来るかな。
白老町の市街地をぬけて、山の方へ向かおうとしてたら、視界の隅に旧跡らしきものが見えた。
ん?
気になり、Uターン。
行ってみると、「白老仙台藩陣屋跡」って奴だった。
w(▼o▼)w オオ-! こんな旧跡が!!
見学~( ´ ▽ ` )ノ
こういう歴史的物件好き~♪( ´▽`)
DSCN5670.jpg

DSCN5674.jpg

DSCN5671.jpg

そして、山の方へ。
白老の市街地は晴れていたが、山の方へ上がって行くと段々天気悪くなり、遂に降ってきた。
いやいやいや、ここで合羽登場かよ!
つうか、どうしてもこっち行かなきゃいけないわけじゃないし、合羽着てまで支笏湖回りで行く必要も無いので、Uターン。
白老の市街地に戻った。
こちらは晴れてました。
もう行く所も思いつかないし、ちょっと早いけど良いやって、苫小牧港に向かった。
DSCN5677.jpg
フェリーターミナルに着く直前のセイコマにIN!
ここで船で食べる分の買い込み。

DSCN5681.jpg
乗り場に着いたのは、14時半。
まだ出航まで4時間半!
DSCN5686.jpg
それでも数台のバイクがもう来てた。
待ってる間、暇やけん、タブレットでLINEやったりmixiやったり。

DSCN5680.jpg
こちらが乗船するフェリー。

DSCN5683.jpg
早々に乗船手続きを済ませ、ミラーにこれを付ける。

待ってる間にこんな博物館を見つけたので、行ってみた。
DSCN5688.jpg
つうか、前回(2年前)もここから乗船したが、こんな博物館は無かったぞ!
入館料は、無料!!

DSCN5689.jpg
乗船開始の17時半には数十台のバイクが( ゚д゚)
彼女(妻?)と2台でツーリングのカッポーも多い。
それ憧れるな~♪( ´▽`)
でも、彼女と二人だったら、車旅が良いかな(笑)

来る時のフェリーはデッキに出られないようになっていたが、このフェリーは出れる。
DSCN5696.jpg
出航までデッキに出てた。
てか、デッキの高さかなりのもんですw
高所恐怖症の人には、無理かも。
DSCN5694.jpg
デッキからみた苫小牧の夕景。
あぁ、これで北海道ともおさらばなのね。。。
DSCN5702.jpg
更に暗くなり、いよいよ出航の時が。
DSCN5705.jpg
出航です。

客室内だと、Wi-Fiが届かないらしく、LINE出来無え。

このフェリーの寝台はこんな感じ。
DSCN5712.jpg

出航後、部屋に戻って、セイコマで買った惣菜で夕食~♪( ´▽`)
DSCN5713.jpg

そういや、乗船待ちのバイク群、セイコマの袋ぶら下げたの多かったなぁ。
みんな乗船前に買い込むらしい。


本日の走行距離:135km

北海道ツーリング 9日目 帯広~苫小牧

9月6日のツーレポ

※ツーレポ本文中の今日とか昨日とか明日って言葉は、上記日付基準です。
これを書いてる今日基準ではありません。


朝5時過ぎに起きると既に出発してしまってる人も居た。
早いねー(屮゜Д゜)屮
俺も大概早いがもっと早く出た人も居るんだw
外に出てみると、w(▼o▼)w オオ-!
スゲ~霧!!
(;゜0゜)
DSCN5520.jpg

DSCN5518.jpg

今まさに出発しようとしてるライダーと話をしたのだが、
これからタウシュベツ橋梁跡を見に行くと言う。
俺も数日前に見たよ~って言ったら、展望台から見るのではなく、近くまで行くのだと言う。
近くまで行くには、林道を通らないと行けないのだが、現在林道入り口にはゲートがあり、
近くの管理事務所に申請して許可を貰わないと進入出来ないのだ。
彼は、昨日管理事務所に行って、申請して許可を貰ったらしい。
ゲート入り口の鍵を見せてくれた。
DSCN5519.jpg
おおー!すじぇ~~!!
一緒に行きますか~?って言われたけど、タウシュベツ橋梁跡行ってたら、
今日中に苫小牧行けなさそうだしなあ(へ ̄|||| )ウーム・・・
ってことでパス(; ̄_ ̄)=3

出発してすぐ、ちょっと旧大正駅へ寄ってみたが、霧でよく見えん。
DSCN5521.jpg
んで、その近くにあった気温表示の電光表示板があったので。
DSCN5523.jpg
R274で進もうと思っていたのだが、正攻法で行くには、先ずR38にでるのだがそれじゃ詰まらないので
道々62号で突き進む。
しかし、濃霧の為、景色は全く堪能出来ない(; ・`д・´)
DSCN5524.jpg
この一帯は、牧場が広がる良い景色が見えるエリアなんだけどなあ。
道々55号に入り、途中で間違えて道々859号ってのに入ってしまう。
ここをずっと進んでくと、ある神社で行き止まりだったΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
あららヽ(´o`;
Uターン。

とここで、アレ撮ろう!と思いついた。
毎回北海道来ると必ずやること。
長~い直線道路で、道路の真ん中にバイクを止めて撮影。
Uターンして来た先は、行き止まりだったから向こうからは車来ない。
来る時も全然車通らなかったので、ここなら大丈夫だろうと、撮影開始。
望遠で遠くからの画像が欲しかったので、バイクを止めたら、ずーーーーっと離れて撮影。
DSCN5527.jpg

DSCN5528.jpg
そしてフトみると、ゲッ( ̄◇ ̄;)
向こうから車が迫ってるではないか(;゜0゜)
バイクからうんと離れてたから、急いで走ってバイクまで戻った。
慌てて、端に移動。
その直後に車通過。
そして再び、真ん中に止めて、ガラケーとタブレットでも撮影。
その場で、mixiにメール投稿とかしてて、10分位いたけど、結局車通ったのさっきの一回だけ。
マジかよ、タイミング悪子だなあ。

このまま元来た道に戻るのも味気無いので、方角的に行きたいのは左だから適当に左に曲がる。
今どこ走ってんのかよく分からないけど、急ぎ旅じゃないし、山があっち方向に見えてるから、
向きはこっちで良い筈!ってそのまま進む。
途中、景色が良いと停まって撮影。
そうしてると、円山展望台入り口って看板が出てきた。
ん?展望台?行ってみるか。
牧場の真ん中を突っ切る道を上ってく。
その先の丁字路からダート。
DSCN5545.jpg
結構狭い林道のような道を上がってくと、頂上付近はキレイに整備された展望台だった。
そして、他に誰も居ないと言うw
ここはイイね!穴場スポット?
めっちゃ良い景色でした\(^o^)/
山頂からは、眼下にゴルフ場のようなものが広がってるが、これ全部牧草地です。
DSCN5532.jpg

DSCN5533.jpg

DSCN5531.jpg

DSCN5535.jpg

DSCN5537.jpg

DSCN5539.jpg

展望台から下って、さっきの丁字路から今度は逆方向へ。
とにかく同じ道は戻らない。
どんどん違うルートを走って、色んな発見をしたい。
そして、道々55号線に出た。
更にR274へ。
DSCN5548.jpg
ここで面白いトイレがあった。
タンクローリーのタンクをそのままトイレにしたような形のトイレ。

ここから、日勝峠越え。
日勝峠も先日通った狩勝峠同様、十勝平野を見渡せる峠。
狩勝峠の頂上は644mだが、日勝峠は1020m!
但し、日勝峠は、頂上付近からの眺望は良くなく、途中の展望台から見るのだが、
そこの標高は、500m程と狩勝峠の展望台より低い(^◇^;)
DSCN5551.jpg

DSCN5552.jpg

DSCN5549.jpg
ここはまだ頂上ではない。
頂上はさらに峠道を登ったところ。

今日は、暑くなりそうってことで、朝セーターを中に着てたが脱いだ。
そのあと、日勝峠越えをしたのだが、標高が高くなるにつれ、
寒~~~い((´д`)) ぶるぶる・・・さむ~~
もっかい、セーター着れば良いんだけど、止まるのがめんどくさい(笑)
そのまま峠越えました(^◇^;)
この峠の前後は、北海道の郊外の道には珍しくずーーーーっと追い越し禁止区間。
おかげで、遅い先頭車をアタマに数十台の車列が出来てる(;゜0゜)
北海道のドライバーって、追い越し禁止だと無闇に抜かないんだね。
まあ本来当たり前なんだけど、内地だと無視して抜く車も多いよね。
でも白線になった途端、反対車線に出て、ビューーーって抜いて行くけどw

日高町の道の駅で休憩。
今日が土曜日だからなのか、道の駅はバイクでいっぱい(屮゜Д゜)屮
俺が停めてる横に停めてたバイクの女性に話し掛けられた。
彼女、毎回飛行機で来て、レンタルバイクで道内をツーリングしてるらしい。
本当は自分のバイクで来たいけど休みが少ないから移動時間短縮の為に飛行機で来るんだって。
一度フェリーで上陸してみたいって。
だよね~、フェリーで北海道はワクワクするもん。

そして、その後、俺の停めてる両脇に2台のバイクが入ってきた。
どちらも習志野ナンバー。
おお(屮゜Д゜)屮
『俺も千葉からですよ~』って話しかけたんだが、ここからとてもビックリする事が始まる!!
俺のバイクは、柏ナンバー。

俺『貴方のバイク、習志野ナンバーですけど、どちらからですか?』
彼『習志野方面です』

方面? (o゜ー゜o)??
それは習志野市では無いってことなのかな?

俺『えっと、じゃあ船橋とかですか?』
彼『そうです、船橋です』

じゃあ最初から船橋って言えばいいじゃん(; ̄_ ̄)=3
習志野方面とか、意味わかんね。

俺『あ、じゃあ近いですね、俺、我孫子なんですよ』
彼『これ、柏ナンバーですよね?』
俺『ええそうです。ナンバーは柏ですけど、俺は我孫子なんです』
彼『(・_・)エッ......?これで、「あびこ」って読むんですか?』
俺『いえいえ、これは「かしわ」ですよ。柏ナンバーは、柏と我孫子なので』
彼『ん~?( ̄0 ̄;アッ この柏は千葉県じゃないんですね?』
俺『いやいや、千葉県の柏ですよ。』

コイツ、なんか変(-д-;)
大丈夫か?

彼『えー…あの…我孫子って聞いた事無いんですけど…』
俺『エェェΣ(・ω・ノ)ノェェエ 聞いたこと無い?!船橋に住んでるんですよね?!』
彼『はい、船橋在住です』
俺『あ!最近、他所から船橋に来たんですか?』

船橋住んでて我孫子聞いた事無いとか有り得ないし。
県外者なら、我孫子知らなくても不思議ではないからな。

彼『いえ、ずっと船橋に住んでいます』
俺『ぇ━(*´・д・)━!!!それで、我孫子知らないんですか?行った事無いんじゃなくて、聞いた事ないんですか?!』
彼『はい、いままでそんな地名聞いた事がありません』

有り得ねーーΣ( ̄口 ̄||)
位置関係が分からないとかなら、地理に疎い人にありがちだけど、
聞いた事無いって(屮゜Д゜)屮
だって、船橋と我孫子って、30kmくらいしか離れてなくて、県道船取線っていう道で繋がってるんだよ。
交通情報にも毎日出て来るし、コイツ普段仙人みたいな生活してんのか?!
船橋住んでて、逆に『我孫子』の名前を聞かないで生活する方が難しいぞ。
それに免許なくて、地元しか移動しないとかなら、百歩譲って、そういう人も居るかもしれな…いや、居ないな。
つうか、彼はバイクに乗ってるわけだから、道路標識見るだろ!
船橋周辺走ってりゃ嫌でも我孫子の表示見るはずなんだが。

いやいや、今日は、思いっきりビックリな人に遭遇しましたわ(笑)

さて、気を取り直して、出発。
ここから、真っ直ぐ行くと札幌だが、俺は左に。
R237に入る。
振内に鉄道記念館があるって地図に載ってたので寄ってみたがイマイチだった(; ̄_ ̄)=3
つか、肝心の鉄道記念館が閉まってるしΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
展示車両だけみたが、メンテナンスされてないみたいで、ボロボロ((((;゚Д゚)))))))
24155514_2104036685_241large.jpg

24155514_2104036687_249large.jpg

そして、記念館のそばにあったこちらの建物↓
DSCN5560.jpg
めっちゃ傾いていて、かなりヤバいんですけどΣ(||゜□゜)ヒィィィィ

更に進むと、アイヌの里で有名な二風谷へ。
アイヌ文化博物館に寄った。
DSCN5570.jpg

DSCN5567.jpg
ロングツーリング中、一回は博物館に寄る。
ここで、ママチャリで旅をしてる人を発見!!
24155514_2104036665_72large.jpg
チャリダーは道内各地で遭遇したが、ママチャリは初めてだなぁ。
そういや、前回来た時も、ママチャリで走ってる高校生が居たな。
これはインパクトあるよ。

平取町から、道々59号へ。
とにかく国道じゃなく道々で繋ぐ。
そして道々79号。
広々とした景色の中、交通量も全然ないのに、何故か追い越し禁止区間が続く。
前の車が凄く遅い(ーー;)
北海道の車って両極端な気がする。
飛ばす車はめちゃめちゃ飛ばす!
国道でも100km/hとか。
一方遅い車は、50km/h以下でずーーーーっと走る。
後ろに長い車列が出来ても、決して道を譲らない。
今もその状態。
譲る気配全く無し!
黄線から白線に変わった途端一斉に追い越し開始(笑)

むかわ町でR235へ。
むかわ町には、四年前来た時、観光地価格ではない海鮮系の食堂に入った。
あの店で昼食にしようと行ったのだが…(;゜0゜)
潰れてる(T_T)
観光地価格の海鮮系の店は至る所にあるんだよね。
でも折角なら地元の安い店で食べたい。
初めての北海道なら、話のネタに一度くらいは高いの食べてもイイけど、
五回目ともなると、敢えて高い店で食べたくない。

そばにカフェはあったが、カフェで昼食もなあ。。。
そのまま出発。
浜厚真から再び国道から逸れる。
DSCN5574.jpg
海岸線の道を行く。
道がやたらと広い。
走ってるのはトラックばかり。
そのうち、苫小牧港の近くに出た。
DSCN5576.jpg
明日はここから船に乗るがまだ1日ある。
苫小牧駅に向かって片側4車線の道路を走る。
と、そこに…( ̄0 ̄;アッ
島根ナンバーのBMWが2台!!
来る時同じ船で、翌日増毛で追い抜いて行った2人組だ。
三回目の遭遇だよ!
向こうも気付いたようで、何度もこっちを見てきた。

苫小牧って工業都市で、そこそこ大きな街なのだが、駅周辺は閑散としている。

今日のお宿は、ビジホ。
この辺は、泊まりたいライハが無かったから。
苫小牧グリーンホテル、一泊朝食付き4200円。
先日の旭川のビジホも4200円だったが、あちらは素泊まりだった。
朝食が付く分こちらの方がお得。
DSCN5578.jpg

DSCN5582.jpg

チェックインは15時からなのだが、14時に着いてしまった。
フロントで荷物だけ預けて、どっか近くにメシ食うところ無いですか?って聞いたら困ってた。
街の中心駅の近くなんだから、メシ屋なんていっぱいあるだろうと思ってた。
別に観光客向けのところじゃなくていいんですよ、寧ろ地元の食堂とかの方が良いんですけど…って言ったが、
そういう店が無いらしい。
昔はあったけど、みんな閉店してしまったらしい。
駅の向こう側にドンキがあって、その中にラーメン屋がありますって言われたのでそこに行くことに。
DSCN5579.jpg
歩いて駅に向かうと、成る程、シャッターの降りてる店が多い。
土曜の午後なのに、駅前はひっそりしてる。
寧ろ、フェリーターミナルのある方が、交通量も多いし賑わってる感じ。

ドンキの中のテナントで、昼食。
戻って来たら15時過ぎて居たのでチェックイン。
DSCN5583.jpg

本日の走行距離:233km

北海道ツーリング 8日目 釧路~帯広

9月5日のツーレポ。

※ツーレポ本文中に出てくる今日とか昨日とか明日って言葉は、上記日付基準です。
これを書いてる今日基準ではありません。


深夜2時トイレに起きたら、外はザァーザァー降り…Σ( ̄口 ̄||)
いや、雨ってのは知ってたけどさ。。。
この感じだと朝になっても止まないよねえ(; ̄_ ̄)=3
いつもなら、明るくなって来たら出発するんだけど、今日は出掛ける気がしない。
っつっても、連泊する程時間に余裕があるわけでは無い。
ちょっとは移動せんとね。
午後には止むって聞いてたから、午前中は出発を控えたかったんだが、
ここは朝10時迄にチェックアウトしなきゃならんので、止む無く10時に出発することに(; ̄_ ̄)=3

出発準備してたら、連泊予定のライダーに
『どっか出掛けるんですか?』って聞かれたから、
『いえ、次の目的地に向けて出発するんですよ』と答えたら
『えーー!?この雨の中行くんですか?!凄いですね。僕は根性無いから連泊ですよ』って言われたΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

いやいやいや、そりゃ俺だって、連泊したいよ。
こんな雨の中行きたくないよ。
雨の中のツーリングなんて、何の罰ゲームだよ!って感じでしかないんだから。
みんながみんな時間に余裕があるわけじゃないんだから。
この人がどういう日程で巡ってるのかは知らないけど、自分が連泊出来るからって
他の人も連泊出来るって思うのは、どうなんだ?
DSCN5491.jpg

出発してすぐのシェルで給油。
ザァーザァー降りの中、R38を西へ。
さすがに雨の中だと、スライドするバイクも少ない。
みんな其々の宿から出発しないでいるのかな。
しかし、たまに来るバイクは、互いにこんな雨の中頑張ってるぜ!って気持ちがあるのか、
オーバーアクションのv(・∀・)yaeh!! が多い(笑)

今日は、とりあえず帯広まで行きたい。
釧路から浦幌に掛けては、過去に海沿いを走ってるのと、今回は、走る楽しみもない罰ゲームのような走行なので、早く移動出来る幹線国道でそのまま移動。
しかし、浦幌の市街地に入ると上がって来た。
ん?ちょっと早い気もするが、もう峠を越したのか?(雨のね)
じゃあ、ちょっと走ってみるか( ´ ▽ ` )ノ
共栄でR38は右折なのだが、そのまま直進した。
R336に入る。
こっちはもう、路面も完全に乾いてる(屮゜Д゜)屮
こりゃもう合羽は要らんばい。
キレイに畳んで閉まった。
DSCN5492.jpg

DSCN5494.jpg
十勝河口橋を渡った。
DSCN5495.jpg
ここは前回のツーリングでも渡って写真撮ってる。
前回はこの後、まっすぐ進んで道々1051号で湧洞湖方面に行ったが、今回は違う所に行ってみようと。
河口橋過ぎてすぐの交差点から、海の方へ。
道々911号を走り、十勝川河口の大津集落へ。
昼間なのに、人っ子一人歩いて無え!
シーンとしてて不気味。。。
ダーツの旅で当たっても、第一村人に遭遇せんね、これは。
DSCN5502.jpg

河口到着。
DSCN5499.jpg

DSCN5501.jpg
天気のせいなのか、時季的なものなのか、太平洋が荒れている!
冬の海って感じデス。
大津から、長節湖へ向けて走ってると、海岸に沿って、物凄い数の釣り竿が立ってる(屮゜Д゜)屮
DSCN5505.jpg
そして、そばにはキャンプ用テントが幾張りも。
ここは釣り好きには有名な釣り場なのか?
長期滞在して釣りしてますって感じ。
数kmに渡って、釣り竿が並んでた。
太平洋のすぐそばに、湖がある、長節湖。
DSCN5504.jpg

国道に戻り、さっきの河口橋そばの交差点に戻ってきた。
今度は、逆方向に進む。
道々911号を内陸部へ。
途中から道々320号に変わる、道は一本なんだけどね。
この辺全然車が走って無い!
R38に出て、すぐ道々62号へ。
DSCN5509.jpg
ここに来たら、また雨降ってきた…Σ( ̄口 ̄||)
やっぱな~雨上がるには早過ぎたんだもん。
再び、合羽着用。

道々62号をひた走り、帯広市大正に。
ここには前回、前々回と泊まったライハがあるのだ。
今回もそこに泊まるつもりで来た。
他のライハは一応行く前に電話を入れるのだが、ここはアポ無しで突然行くのが基本。
よっぽど人数が多くない限り、断られることは無い。
9月だと10数人だから余裕。
お盆時分だと、40人とか50人とか泊まる事もあるらしい。
すし詰めだな(; ̄_ ̄)=3

DSCN5515.jpg
ここは、帯広市が運営するライハ。
だからってわけじゃ無いが、無料!
そして、無料なのに、とてもキレイに保たれている。
だからリピーターも多い。
前は、夕方ここに到着してたが、今日は先ずここに来て、荷物を下ろし、
自分の寝るスペースを確保してから、身軽になったところで、再び出発。

帯広市内に行って、六花亭と豚丼を食いに行きたいのだ。
一昨日、新得町で食ってるが、帯広市内ならもっと美味い店がありそう。
今日は朝パンを食ったきりなのでお腹ペコペコヽ(´o`;

市内に向かってると凄い車に遭遇。
DSCN5511.jpg
リア一面に交通安全のステッカーを貼りまくったフリード。
つうか、この車、火曜日に美瑛で遭遇してるんだよね(屮゜Д゜)屮
2回目の遭遇。
こういう二回目、三回目遭遇するっての北海道ツーリングの時良く有る。
これだけ広い土地で、何度も遭遇って凄くね?

先ずは、六花亭に行った。
六花亭って、店舗がいっぱいあるんだねえ(・Д・)ノ
帯広市内だけで10数店舗?!
更に喫茶室を併設してる店舗も。
なので、中で食べられる店舗に行ってみた。
DSCN5512.jpg
行ってみた三条店は、かなりデカい店舗だった。
スイーツの店に一人で入るとか、初めて(;゜0゜)
ちょっとドキドキ\(//∇//)\

ピザとかご飯もあるみたい。
スイーツ屋のピザとか大した量じゃないんだろうなと思いながら、
ピザとコーヒーとバームクーヘンのセットを注文。
しかし、良い意味で裏切られた(屮゜Д゜)屮
結構量あるよ!
ピザだけで、結構な量です。
DSCN5513.jpg
そして、ピザ来る前にフォークが来たんだけど、何かハサミも来た???
これって何するんですか?って聞いたら、ピザを切るんだと!
自分で、ハサミで、ピザを切断(^◇^;)
DSCN5514.jpg

食べ終わったら、もうお腹いっぱい♪( ´▽`)
豚丼は無理だな(´・_・`)

ライハに戻ってきた。
20時に市の人が来て、点呼を取るのでそれまでにライハに来ないといけない。
今回の俺みたいに先に来てどっか行っちゃう奴も居るが、そういう奴らも、20時には戻って来ないといけないのだ。
そういうルールはかなり煩い。
だから秩序が保たれるんだろうけど。
そして無料のここだが、連泊は三泊迄。
昔は規定が無かったから、1ヶ月でも2ヶ月でも、住んでる?位の人が何人も居たらしい。
まあ、宿無しでずっと旅してる人には、格好の場所だからねえ。

( ̄0 ̄;アッ 無料の此方、ちゃんと水洗トイレもシャワールームもあります。
女性専用部屋もあります。
前回、前々回は、女性の宿泊者も居ましたよ。
今回は野郎ばっかりでしたが(笑)

DSCN5517.jpg
二階は、こんな感じ。

DSCN5516.jpg
要は、車旅の人は、お断りってことですよ。

本日の走行距離:189km
プロフィール

ぴぴ86

Author:ぴぴ86
日々の出来事ではなく、バイクで出掛けた時のことを書きます。主にツーリング記です。バイク歴は28年になりますが、大型二輪はH24に取ったばかりでこれが初の大型バイクです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

ウィーーン☆壮年壮女合走團
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR