FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慣らしツーリング 第2弾

早く慣らしを終えなければ…。
あと600km。
日曜には、DDDのツーリングがあるからその前に終えて、1000km点検(1ヶ月点検)に出してしまいたい。

そんなわけで今日も、慣らしツーリングに行って来ました。
今日は天気が良い上に、月曜みたいな強風じゃない。
こりゃ、絶好のツーリング日和だ \(^o^)/とお出掛け。

しかし、今日は寒い ((;゜Д゜))ガクガクブルブル
前回よりも厚着してったんだけど、それでも寒かった(-д-;)

本日のコースは、霞ヶ浦を一周するコース。
プラス道の駅スタンプ巡りも兼ねて、コースを設定。

先ずは、利根川沿いの国道356号を河口方向へ。
今日はあまり風が無いとはいえ、川沿いはさすがに風が強い。
長豊橋で、茨城県側に渡り、県道11号線を走る。

堤防道路沿いにトイレを発見したので、IN
DSCN9553.jpg
その後も堤防に沿って走り、潮来の市街地へ。
駅があったので寄ってみた。
DSCN9554.jpg

そして、道の駅へ。
DSCN9555.jpg

スタンプ、ペッタン

県道50号を水戸方面へ。
途中、県道2号に折れ、霞ヶ浦沿いの国道355号へ。
湖の穏やかな風景を横目に北上。
国道354号に入り、次なるスタンプポイント『道の駅たまつくり』へ。DSCN9556.jpg


霞ヶ浦大橋を渡ると、湖沿いの県道118号へ。
主要県道ではないこの路線は、いいね~(ノ*´ー`)
私的には、GOODな道ですよ( ^ω^)

そんな道で撮った1枚。
DSCN9557.jpg
霞ヶ浦を望む。

このあとは、土浦市内に入り、ごちゃごちゃ~とした市街地を抜け、国道6号に。
…と、このあたりから雲行きが怪しくなってきた。
ここまで、穏やかな晴天だったのに
な~~んか降りそうな予感…( ̄ω ̄)

牛久あたりから、ポツポツ来た…(-д-;)
マズい!!早く帰らねば!!

まー、合羽は持ってますからイザとなれば着ればいいんですけど、
合羽出すの面倒なのと、出来ればウェット路面は走りたくない。

取手までくると、小雨が…。
急げ!急げ!
我孫子に入ると、本格的に降ってきたが、あと数kmなのでそのまま行っちゃったσ(^―^;)

これで、オドメーターは、580kmになった。


そうそう、今日は初めて、MTモードを使ってみました。
(へ ̄|||| )ウーム・・・ 微妙…。

Dモード、Sモードはシフトチェンジのタイミングこそ違えど、バイクが勝手にシフトチェンジしてくれるAT。
でも、MTモードは、自分でシフトアップしないと勝手にはアップしないのだ。
そのまま回せばレッドゾーンにだって入ってしまう。
但し、シフトダウンは、しないと勝手にダウンしてくれる。

そして、シフトアップ時なんだけど、変えるタイミングが非常に難しい…。
通常のMT車のように、シフトチェンジのタイミングでアクセルを戻すと、グワってエンブレが掛かる。
だって、1速とか2速でクラッチ切らないでアクセル戻すのと同じ状態だから。
じゃあ、アクセル戻さないで変えた方がいいのかな?と試してみたら
ギアが変わる瞬間、機械がクラッチを切るわけで、その一瞬、回転がグワっと上がる。
だって、アクセル捻ったままだから。
結局、アクセル戻しても、アクセルそのままでも、スムーズには行かないってこと。
MTのようには行きませんね ┐(-。ー;)┌
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

難しそう

スクーターに乗りなれてるとこういう微妙なシフトチェンジは
慣れが必要みたいですね。

私なんてスカブ(AT)にボルティ(MT)にカブ(?)でしょ。
時々手と足が条件反射的に動いてビックリする挙動の時があります^^

エディ様

日曜のツーリングで、それなりの距離のワインディングを走ったので
だいぶ慣れてきました。
MTモードでシフトアップ時のギクシャク感は無くなってきました。
ただ・・・シフトダウンは勝手にされるので、コーナーリング中のダウンは非常に焦ります。
プロフィール

ぴぴ86

Author:ぴぴ86
日々の出来事ではなく、バイクで出掛けた時のことを書きます。主にツーリング記です。バイク歴は28年になりますが、大型二輪はH24に取ったばかりでこれが初の大型バイクです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

ウィーーン☆壮年壮女合走團
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。